下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
子どもたちは天才バカボンが好き

e0165236_8582799.jpg←教会のエニシダが咲きました。最初は、380円で買った小さな鉢植えでした。地植えにしてほったらかしにしておいたのですが、こんなに大きくなりました。黄色は元気が出る色ですね。



日曜日、教会のみんなが帰ってから、メルの散歩に出かけた。
朝の礼拝前に行きそびれたので、
メルはうれしくて、いつもよりリードを引っ張ってわたしにしかられる。
帰ってくると、玄関の前で近所の子どもたちが待ち構えていた。
彼らの目当ては夫だ。
土曜日に少しだけいっしょに遊んだので、今日もそのつもりなのだ。

結婚当初、教会暮らしを始めて驚いたことのひとつに、
近所の子どもたちが、突然遊びに来るということがあった。
ベルの音に出てみると、
「遊ぼうよ」
と小さなお友だちが立っているのだ。
え、わたしと? 
最初はびっくりした。というか、焦った。
なにしろ、それまでわたしの生活ときたら、かなり偏っていたから。
わたしを含め、マスコミで働く
フリーランスの独身女性との付き合いばかりだったのだ。

何をして遊ぶのか。
庭を探検したり、虫や実を見つけたり、
エアホッケーをやったり、
選択肢はいろいろあるけれど、
どの子も不思議と好きなのは、『天才バカボンの人生ゲーム』なのだ。
蔵前のおもちゃ問屋で年に一度のハンパものセールがある。
そこで夫がずいぶん前に買ったものらしい。

だから、言い回しなんかも古くて、
「オー、モーレツと言って一回休み」とかなんとか、
子どもにはわけのわからないセンテンスが出てくる。
そこはさすがの赤塚さんで、
わからなくてもちゃあんとウケている。

このボードゲームは、一度始めると1時間はかかる。
忍耐のないわたしは、
最初から抜けてしまうことが多い。
夫は必ず最後までみんなと付き合う。
こういうところがいいのかな。

わたしが教えている現場でもそうだが、
特に男の子たちは、
大人の男の人に関わってもらうのが大好きだ。
お父さん、忙しくて時間があまりとれないせいでしょうかね。
それにしても、日曜日のお父さんたちは、
どこで何をしているのですかね。
迎えに来たのもお母さんばかりだったし。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
     ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ

      ↓散歩の途中で見つけたのは・・・。たまにはネコもいいですね。
e0165236_903545.jpg

e0165236_8591267.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2009-04-20 09:06 | 牧師館で暮らす
<< 荒川のフシギ 眠っていた花が目を覚ます >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル