下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
お世話になります、翻訳機

↓ギター教室の子どもたちと庭の桑の実を、枝からとって味見。
うわっ! うまっ! あまっ! と、感嘆符をいっぱいつけて喜んでいました。


e0165236_1746110.jpg


忙しい1週間が終わり、
わがやに滞在したゲストの掛け布団を洗濯したら、
しばし抜け殻状態に陥った。
このすとんとした気分はけっこう好きなので、
キャンディーのようにゆっくりと味わって、ごろごろしていたい。
でも、現実には、数杯の紅茶をいただいて立ち上がる。
残念ながら、次のことが押し寄せているのだ。
だれでも同じだろうけれど、
仕事にしても家庭にしても日々の暮らしは下準備の連続だとつくづく思う。
それでも、下準備のよいところは、
とにかく一つ一つ手を動かしていけば、必ず片付いていくということだ。
反対に、ためこんでしまうと悲惨だ。
倍どころか、それ以上の気力が必要になる。
だからやるべきことには日々マメであろう。
などと、自分に言い聞かせてみたりもする。

今いちばん億劫に感じているのは、メールのやりとりである。
問題は言語だ。
得意でもない英作文で、
ハワイ在住のアメリカ人と、日本在住のカナダ人と帰国子女の計3人と、
互いにメールで打ち合わせをしなくてはならないのだ。
わたし以外の3人の共通言語は英語なので、
英語のメールが次々と押し寄せてくる。
読んで理解するぐらいはなんとかできる。
ただ、ちょっとしたニュアンスがつかめなくて、真意をはかりかねてしまう。
それに加えて、英語で返事をしなくてはならないのがストレスなのだ。

エキサイトブログを使っているよしみで、
エキサイト翻訳に助けを求めてはみる。
そうすると、ほとんどの文章が「It」で始まって翻訳される。
自力だけで書こうとしてみると、
「I hope〜」だとか「I would like to 〜」だとか「Thank you for 〜」
のオンパレードになって、やたらとエモーショナルな文章になってしまう。
これって、読む側にはうっとうしいのかな。
でも、すべてが「It」で始まるのもいいのやら悪いのやら。
とまあ、日本語的な発想のまま文章を考えているので、
翻訳機を通すと、わが日本語は、じつにへんてこな英文となって出現する。
英語にするなら、主語と述語はすっきりと単純に、文は短くするのがよさそうだ。
頭を切り替えなくては。

こんな葛藤を続けていたら、
それまで英文で来ていたメールが、ある日突然、日本語に変わった。
わたしのために、これからは日本語でやりとりしようとみんなで決めたらしい。
ありがとう。
でも、かれらの日本語もまた、明らかに翻訳機を通したものである。
なぜかと言われるとうまく説明できない。
でも、わかるのだ。
立ち上る匂いというか、その微妙な意味不明ぶりは、
翻訳機でなくては出せない味である。

たとえば、
「私はあなたに会えてうっれしと思いました」という文。
うっれし?
こんな文もあった。
「私はこれから1200人の人に知らせていこうと思いました」
1200人っていったい?
という具合である。
大筋には問題ないほどのことだけど、
わたしの英語もこんな調子で伝わっているのかと思うと冷や汗ものだ。

ときどき、こんな必要に迫られて、
英語に対するモチベーションが上がっては、のどもと過ぎて下がっていく。
上がりどきの今、『英語で日記を書いてみる』というシリーズを、
図書館に行ったついでに借りてみたりして。
英語で一行ブログでも始めれば、ものすごく上達するのではないかな。
これまた夢の夢。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
     ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


e0165236_17461266.jpg

↑人間が忙しく走り回っている間にも、夏は近づいてました。
夜、祈り会中に目が合って、ぎょっ。やもりを見たいと言って教会に遊びに来たNくんの願いがかなったのかな。

[PR]
by Annes_Tea | 2009-05-28 17:56 | 牧師館で暮らす
<< ブログでつながる バラと上手につき合うには? >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル