下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
今、時間がないので
e0165236_0232372.jpg

散歩、行かないの?
 


気ぜわしい日々が続いている。
連日外にも出るが、来客も多いので、
家にいるときはどこかしら掃除をしている有様だ。
教会ではついにダイソンを買った。
見たこともないようなゴミを次々と吸い込んで悦に入る。
でも、これ、重いのなんの。
そのうえ、取り外し部分のプラスチックが意外に華奢なのだ。
慎重にならざるをえず、また時間がかかる。
もしかすると、こんなふうにハラハラしながら扱うぐらいで、
粗雑なわたしにはちょうどいいのかもしれない。

忙しいところにきて、雨である。
1週間前に盛りだったビワは、爆弾のように落ち続け、
つぶれたところに雨が流れ込んでそれはもう。
昨日、ついに意を決して、地面にこびりついたビワを全部拾って片づけた。
雑草を抜いて、伸びきった草花に手を入れているうちに、2時間が経っていた。

さて、この忙しさのとっばっちりをくうのは、いつだってメルである。
基本的に、メルの散歩は夫の仕事だ。
だからいいかという甘えた気持ち、そうして雨と時間のなさを理由に、
ほとんど散歩には付き合わないでいたら、
ついにメルがわたしから目をそらすようになった。

いけない、いけない。
朝は晴れ。
仕事へ行く前に、たまった洗濯物を一気に洗い、メルの散歩へと出る。
教会には、朝から牧師先生たちが会議のために集まっている。
コーヒーを入れて、お茶菓子を用意して、
よし出発だと機嫌よく出てみると、メルがいつになくリードを引っ張る。
たぶん、たまりにたまったストレスのせいだ。
メルが気持ちを切り替えるまで、
「あとへ、ついて」と根気よく道ばたで繰り返していたら、
「トレーニング?」と声をかけられた。
この日の会議のために、わざわざ関西からいらした牧師先生だった。
2年ぶりにお会いするのが、こんな場面とは。

忙しいときにかぎって、電話もさまざまにかかってくる。
小さくても教会だから、見ず知らずの人からの場合もある。
何だか困っているようなので、よくよく話を聞いてみると、
結局、お金の無心だったりする。
面白いと思うのは、
「その教会まで行くお金がないから、○○駅まで持ってきてほしい」
という人が少なからずいることだ。
相手の話が本当かどうかは聞いていればわかる。
でも、教会というのは、
基本的に相手の話を信じて受け入れるところから始まるから、
その話が正しいか正しくないかというジャッジは脇におく。
わたしたちが試されるのは、
その受け答えが愛か愛でないかという一点である。
とはいえ、まだまだ未熟者。
「今、時間がないので」と言ってやりとりを終わらせてしまってから、
後で反省することもある。

もちろん、本当に困っている方からも電話はくる。
(ただ話を聞いてくれませんか?)
という場合もたまにある。
牧師館暮らしは、職住隣接、つまり家内工業のようなもの。
わたしの暮らしの延長に電話がかかってくるという内情である。
忙しいときには、このような電話こそ自分自身を試される。
わたしができることは、話を聞いて、祈ること。
祈るということは、
わたしにとって神さまからの最高の贈り物だと思っている。

知らない人のために、電話で祈る。
考えてみると、ちょっと変わった仕事だ。
お金や食べ物を渡すことよりも、
わたしが行なうことは、まず祈りなのだと思っている。
カウンセリングスキルも必要にはなる。
ただ、それを越えた力が働くのが、祈りの世界である。
実際に、そうして祈らせてもらった人が、
後日、教会を訪ねてくることもある。

先日の朝には、こんな電話がきた。
「歯が痛くて、何も食べられないの。もう死にたいような気持ち」
これはもちろん知らない人ではなくて高齢のSさんだった。
ここ何ヶ月か、歯の不具合のために一緒に祈ってきたから、
すぐにどうすればいいのかひらめいた。
「クリスチャンの歯医者さんのところに行きましょう」と提案する。
Sさんが長年通ってきた歯医者の話を聞いていると、
どうも様子がおかしいのだ。
お金の話ばかり言い出して、診察をしようとしない。
1か月後まで診られないけれど、
3000円を出せば1週間後に診るだとか、
そんなおかしなこと、あるはずがない。
前々から、歯医者を変わるようにすすめていた。

すぐに、以前別件でお世話になった歯医者さんへ電話をする。
牧師の妻であることを告げ、受け付けの女性に事情を話す。
とても親身だ。その日の午後一番に予約を入れてくれた。
夫には、Sさんを車で歯医者まで送り届けてもらう。
みんなが力を出し合えば、物事はこんなふうに進んでいく。
後で聞いたところによると、
Sさんはこの日、天国と地獄を一日で味わったらしい。
死にたくなるほどの痛みと悔しさは、
初対面の先生の優しい対応にほろほろとほどけ、
存分に話を聞いてもらった嬉しさ、
そうして痛みが消えて、物を食べられる幸せに、心から感謝したという。
「時間がないので、とは絶対に言わないで、最後まで聞いてくれたのよ」
どんなに忙しくても相手のペースに合わせられるのは、先生の謙遜さの表れだろう。
Sさんの話を聞きながら思う。
わたしももっとゆったりと、心ののりしろを持って相手と接したいな、なんて。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
        ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


e0165236_0233762.jpg
梅雨の時期、インパチェンスには、毎年助けられています。今年は白を選びました。放ったらかしでも、たくましく増える花です。
[PR]
by Annes_Tea | 2009-06-30 00:38 | 牧師館で暮らす
<< まちの輪郭をたどって元気になる 下町ビワづきあい >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル