下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
こんにちは、夏の風物


e0165236_21222943.jpg


今年も教会の庭にセミが出てきました。
これはガーデニング用の柱ですが、自転車のフレームなど、大好きです。


夜、銀座まで、友だちがプロデュースした舞台の初日に出かけた。
外に出ると地面がぬれている。
アスファルトのほてりが雨に冷まされて、夜気が心地よい。
浅草までは大丈夫だったのに、
銀座線に乗り換えて銀座に着いてみると、また雨だった。

舞台は大入り満員。座席は前から4番目だった。
知り合いにも何人か会えたのだけど身動きがとれず、とにかく遠くから手を振って挨拶した。
ビルの地下にある銀座みゆき館に入るのは始めて。
まるで映画会社の古い試写室にいるようだった。

終わってみると、雨は上がっていた。
ところが、家への最寄り駅に着くと、再び雨。
梅雨は明けたはず。でも、なんで?
雨、晴れ、雨、晴れ。
一日の中で天気はくるくる変わり、メルはしょんぼりしている。

気の毒なのは犬だけではなく、セミたちもだ。
待ちに待った脱皮の季節なのに、夜に雨が続いては、地面に出ようにも出られない。
毎夏、最初の脱皮を見かけると、
次から次へと面白いように抜け殻を発見することになる。
でも、今年はまだ二つだけだ。

数年前、セミの当たり年があった。
毎晩、薄緑色のセミたちがのらりのらりと地面を歩き回る。
この景色をひとり占めするのは惜しいと思って、
小さな子どものいる家族を何組か招き、
大人はカレーとウクレレ、子どもはセミを楽しむ夕べを開いた。
あの年以来、セミはほんの数匹だけ姿を見せて夏が終わる。

その話を近所の小学生にしてあげると、いいな、いいな、と口をそろえて言う。
また庭でセミパーティを開けるといいね。そしたら呼んであげるよ、とわたしは言う。

まずは、晴れてもらわないと。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
        ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


e0165236_21224194.jpg

かき氷自転車は2、3日うちにいましたが、
今度は巣鴨の1週間限定カフェにお声がかかり、再び旅に出て行きました。
夏は大活躍なんです。



[PR]
by Annes_Tea | 2009-07-24 21:35 | 牧師館で暮らす
<< 花火見物、地元スタイル 夏、空を見上げる >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル