下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
髪を切って、少しだけエコ?
e0165236_21164787.jpg

↑最近見た、びっくりしたもの。ビクター犬にも、いろんな表情があるのですね。



髪を切った。
ロングからミディアムにした。
20センチは切ったのだが、
前から見た雰囲気があまり変わらないせいか、
「あれ? もっと切るのかと思った」と夫に言われた。
新婚時代は、美容院から帰ると
「かわいくなったね」とほめてくれる優秀な夫だったのに。
日曜日、教会の人もだれも気づかなかった。
4年生のクラスでも何も言われなかった。

いえ、なにも自意識過剰というわけではなく、
5年生の反応があまりにも対照的だったので、
ちょっと書いてみたくなっただけなのだ。
教室に入ったとたん、
「あれー、先生変わったー」と、男の子の半分くらいが騒ぐ。
女の子たちは、
「髪切ったー」と繰り返す。
「変わった、変わった」と10回くらい叫んでいたクラス一のやんちゃ君が、
しまいには
「おまえ、うるさい」
とほかの男子たちにたしなめられていた。
ひと騒ぎすると、みんな気分があたたまったのか、
いつもより楽しそうに授業に向かった。
帰り際、チョークで落書きするのが大好きなNちゃんが、
わたしの新しい髪型を黒板に書いてくれた。
ちゃんとミディアム、毛先もくるんと巻いてある。ありがとう。

おもしろいなぁ。
このクラスに限らず,5年生は人の服装やら、髪型やら、
なんだかんだと意見をしてくる。
(ちなみに柄物、モノトーンは評判が悪い。
みんなが好きなのは、きれいなピンクかブルーである)
でも、年齢だけは聞いてこないから、
そのあたりを心得ているところもおもしろい。

髪を切ったのは、気分転換というよりも、
時間の節約をしたくなったからだ。
人生に費やすシャンプーとブローの時間ときたら。
手ぐしで完成するスタイルにしてもらったので、
劇的といっていいほど楽になった。
スタイリングの身軽さは、気持ちも軽くする。

ところが、ひとつ問題が起きた。
ブローをしてから時間が経つと、右側にいやなうねりが出る。
新しい美容師さんは、
懇切丁寧にブローのコツを教えてくださった。
つまり悪いのはわたしの腕である。
困ったな、と思っていたところに、
その美容師さんからはがきが届いた。
お店のサービスとして、
カットしてから10日以内ならば無償で相談に応じる、
と書いてあるではないか。
んま、なんてよいお店なの。
ふだんのわたしならば、面倒でそこまではしないのだが、
この秋は、なんと言うか前向きなのだ。

先日、通りかがったついでに、駆け込んでみた。
「カットは気に入っているんです。問題はわたしのブロー」
と訴えると、
ふんふんと聞いていた美容師さんが、
ドライヤーをさあっと当てて、あっという間に、
右側のうねりをサラ髪にしてしまった。
そして、わたしに実践してみるように促す。
ドライヤーを手渡されて、美容師さん自らレクチャーを受けるのは人生で初めてだ。
さて、やると見るとでは大違い。
自分の不器用さに涙が出る思いだった。
それでも、何度か手ぐしを続けていくうちにコツがつかめてきた。
毛先を指に巻き付けてくるんとするスタイリングも、
くるん、の方向が逆なのでへんな風にはねることがわかった。
納得してみると、とても簡単。
10分足らずで悩みは解決した。
はがきに書いてあった通り、すべて無償だった。

お礼を言うと、店長も出てきて
「よかったですね」と笑顔。
別の美容師さんが、
「困ったときはいつでも立ち寄ってくださいね」と言う。
ありがとう。
みなさん、本当にありがとう。

今年の春に開店したばかりのこの美容院は、
同じお店で働いていた仲間たちと志をひとつにして独立したらしい。
秋の出会い、うれしいな。
ようやく、美容院ジプシーとさよならできそうだ。

読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
        ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ



[PR]
by Annes_Tea | 2009-09-13 21:38 | 牧師館で暮らす
<< ドッグカフェ見つけた 特別イベント「声なき者たちの声... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル