下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
紅玉の季節の終わりに

カフェで、「紅玉のレアチーズケーキ」って何? と思ったら、
りんごを品よく煮たものが、下敷きになって出てきました。
紅玉とレアチーズケーキをつなぐ「の」に、まんまとやられました。
e0165236_19503535.jpg



あれもこれもと引き受けてしまって、自分で自分の首をしめている。
でも、クリスマスの季節とは、そういうものである。
そんな中で、ブログのことを考える。
どうしようかな、書こうかな、休もうかな。
ブログに書く作業は、
流れていく日々に、ほんのひととき足を止めるようなもの。
とっちらかった思いのかけらを、
角を揃えてとんとん、と四角くまとめる。
すると、不思議なように心が落ち着いてくる。
忙しいからこそ、とんとん、が必要なのだとも思う。

よその教会の前を通ると、
すっかりクリスマスの飾り付けになっている。
小さなわが教会はぼちぼち。
ツリーはみんなで飾るが、
それ以外は、わたしが家事や仕事の合間をぬって、
少しずつ飾り足していくという原始的な仕組みになっている。
昨日は、仕事の出先で見つけたホームセンターに飛び込むと、
寄せ植え用の苗を10個も買い、
バスと電車を乗り継いで帰ってきた。重かった。

そのホームセンターで物色していると、
店の奥からワン、と聞こえた。切羽詰まった声だ。
ペットコーナーに走る。
「1歳4か月、13万円」という札のかかったボーダーコリーが、
ケージの中でぐるぐる回って吠えていた。
バターになったトラだよ、これでは。
1歳をはるかに過ぎたボーダーが、
平日の夕方のホームセンターで売れるわけがない。
せつないなぁ。狭いなぁ。連れて行きたいなぁ。かわいそうだなぁ。
でも、実際には、ボーダーではなくて、
連れて帰ってきたのは、ガーデンシクラメンなのだけど。ごめんね。

夜、クリスマスの布を縫う。
去年使ったものをどこにしまったのか、どうしても思い出せないのだ。
あ、いやだ。
ミシンをかたかたした途端、思い出したのは別のこと。
冷蔵庫に紅玉が入ったままだ。
アップルパイを作ろうと思って買っておいたのだっけ。
中がすかすかになっちゃったかなぁ。
今週の生協のちらしから、紅玉が消えていた。
大好きな紅玉で、りんごのお菓子をいろいろ試したかったのに。
結局、作ったのは、
いちょう切りしたりんごを加えて混ぜただけのケーキを2回だけ。

季節は移る。出盛りだった紅玉も終わる。

e0165236_19505171.jpg
紅葉もそろそろ終わりですかね。
中禅寺湖の金谷ホテルの裏庭に、
メルとそおっと入り込んでみました。

[PR]
by Annes_Tea | 2009-11-26 19:57 | お茶と料理、ときどきカフェ
<< クリスマスざんまい、アートざんまい 「声なき者たちの声」がラジオ番... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル