下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
来年の漢字はなあに?
e0165236_18435277.jpg

今年も家族に感謝。
というわけで、年末は家族との食事が続きました。
金婚式を迎えた仲良しの叔母とは従妹を誘って中華、
両親とはイタリアン、そして夫とは千駄木でイタリアン。
ああ、でもメインのついた高い方のランチはすでに終わっていて、
パスタランチになってしまいました。
お礼をかねて、お肉をごちそうするつもりで誘ったのですけど。
写真はその後、谷中散歩で立ち寄ったCOUZT CAFEです。
カフェ好きですが、撮影許可をとるのが億劫で、
めったに写真をとりません。
でも、今回は別のお客さんが撮影の可否をきいていたのに便乗しちゃいました。
自転車は古いプジョーとラーレーです。販売もしてるようでした。
今年もたくさんのカフェとも出会いました。




今年もお疲れさま。
そんな気分で、
気のおけない友人たちと知人のカフェに集まって、
2009年のあれやこれやを振り返った。
そこで話題になったのが、世相を表す「今年の漢字」である。
2000年からざっと並べてみるとこんな具合だ。
金、戦、帰、虎、災、愛、命、偽、変。
そして今年が「新」となる。
2年前が「偽」だったことを思えば、
かなり前向きかな?

役者のMちゃんは、
年初に自分だけの「今年の漢字」を決めるのだという。
2009年に志を抱いた漢字は、「進」。
うんうん、Mちゃんらしい。
今年は実際、いろんな役を演じていたものね。
役者として進む、人間として進む、
きっと信仰者としても一歩一歩進んでいるに違いない。

一方、わたしは?
すぐさま思い浮かんだのは、
「集」という文字だ。
どこでどう示されたのだっけ。
とにかく、今年はいろんな集いを開いてみようと思ったのは確かだ。
女性集会、声なき者たち、カフェにアートイベント、
子どもたちとの工作教室、
その他もろもろと小さな集いの多い年だった。
教会だけではなく、
個人的にも高校時代の友だちと成人式以来の集まりを開いたり、
年賀状だけの付き合いとなっていた友だちと
一緒に美術館に出かけたり。
再会の集いの年でもあった。

昨日は今年最後の祈り会だったので、
そこでも1年をふり返った。
Mさんは、友だちの間で「顔が変わった」
と評判になるほど明るくなったと言われたらしい。
うれしいなぁ、そういう話。
Yさんは、人のことばでぐしゃぐしゃ悩んでも、
以前のように穴の中に落ち込んでいくことはほとんどなくて、
あ、そうだ、祈ろう、祈ろう、
とイエスさまの方に心を向けられるようになってきたという。
ある日突然、がらりと変身するのがわたしたちの歩みではなく、
一歩、一歩。ふと気づくと、あれ、変わった? 
という具合だ。みんな、一歩、一歩、乗り越えてきたものね。

めずらしく祈り会にいらしたSさんが、
「年だから、と言うのは止めることにしました」
と決意表明。
それはいいですねぇ、と一同で共感する。
告白にはプラスでもマイナスでも力があるから、
年だ、と言った時点で年齢にも自分にも負けてしまうのだ。
否定的なことばをいっさい捨て去りなさい、と聖書にはある。
これは単純そうでいて、
じつはよく生きるための最高の極意である。
わたしたちの口から、
否定的なことばが消え去ったら、
世界はどんなに光で満ちるだろう。

今日は一日、やり残した掃除と洗濯と庭の掃除。
筑前煮を煮たり、明日の元旦礼拝の準備、
相変わらずのどたばたの最中、
ぴんぽん、と鳴って子どもたちが遊びに来た。
うそ、大晦日にも遊びに来るかね、
と一瞬、うろたえてしまった。
ゴエモン先生と遊べる?
うーん、今、ちょっと難しいかなぁ、とかなんとか。
元旦礼拝の後、お雑煮出すからおいで、と言ってドアを閉める。
ごめんね、明日来たら、遊んであげるから。
でも、きっといつも「今」どうかかわるかが重要なんだよね。
なんて、今年最後の反省である。

さて、2010年の私の漢字はというと、
すでにしばらく前から示され続けている文字がある。
それは「門」という漢字だ。
新しい門が開かれるのか、
それとも門をたたくのか、
新しい年が始まってみなければわからないが、
期待にあふれるイメージである。

みなさんの一年は、どのような漢字が当てはまりますか?
そして、2010年はどのような漢字にしてみたいですか?

新しい年もまた、ブログでお目にかかりましょう!


読んでくださったら、応援のクリックをお願いします ! 
        ↓ ↓ ↓
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


e0165236_18441041.jpg
近くまで行ったので、根津教会に立ち寄りました。登録文化財ということもあり、会堂内の大改造が行なわれて話題になりました。1月に大改造記念コンサートが開かれるそうなので、参加されれば内部が見られますよ。(と、勝手に宣伝)。
じつは、この改造を手がけたのは、わたしたちの教会のリノベーションでお世話になった冨士土地さんです。今年は教会のエクステリアをお願いする予定でしたが、根津教会の改造が手間取って、わたしたちの方は2010年に延期になったのでした。というわけで、新しい年には、教会にも現実の新しい門ができるかな?

[PR]
by Annes_Tea | 2009-12-31 18:58 | 牧師館で暮らす
<< 新しい年、集う朝 暗闇に光 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル