下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
東京大学博物館の愉しみ

そうそう、骨の話でした。

e0165236_2127133.jpg

大学博物館は面白い。
そう気づいたのは、
東京大学博物館の分館に行った時だった。
分館は小石川植物園の隣にある。

博物学というものを知らないのでうかつなことは言えないが、
骨、石、植物、剥製だけではなく、
地図やコンパス、
そして、
我が家になぜかある古いタイプライターまで陳列されていた。
展示の範囲は広くて、
素人にはとりとめなく感じられつつも、なんだか面白い。
意外な掘り出し物を見つけた気分になった。
これが始まりである。
しかも無料とは。(毎回なのかは知りませんが)

今回は本館を訪ねた。
縄文時代から発掘された人骨やら土器やらを見た後、
最後の部屋が写真のとおり。
館内の撮影は禁止と書いてあったのだが、
骨の舞台の前で、
学生らしき人たちがずらりと携帯を構えている。
まるで野次馬見物か、撮影大会だ。
あれれ、と思って学芸員に尋ねると、
生徒たち(東大生)が撮りたいならば許可してやってね、
と教授からお達しが出ているのだとか。
というわけで、
私たちもゆるしていただきました。

e0165236_21272792.jpg
ミンククジラ!


キリンもトナカイもヒツジもサルもウシもウマもいる。
ああ、イヌの骨がなんと小さいこと。
解剖に使う道具の展示や、
剥製にする前の冷凍状態の鳥たちも見てしまった。
東大構内のどこかで、
日々、動物たちが学問に貢献しているわけだ。ありがとう。

e0165236_21274144.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

参考までに・・・
朝日新聞のサイト「どらく」で、こんな記事を見つけました。
「ぶらり日帰り社会見学」のバックナンバー
↓大学博物館をぶらり見学

これを読んだら東京農業大学の博物館にも行かなくては、
という気持ちになってしまいます。
農大の隣にある整骨院にクリスチャンの先生がいて
以前、よくそこまで通っていたのに。知っていれば。

ちなみに、このサイトの記事のひとつ、
「世界のお茶時間」↓を愛読してます。お茶会ブログですから。


e0165236_21275210.jpg
この中は?
[PR]
by Annes_Tea | 2010-02-25 21:36 | まちを歩く
<< 雨の東京マラソン 東大を歩く >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル