下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
雨の東京マラソン
e0165236_0463198.jpg



雨が続きますね。
これは根津美術館の敷地にある庭園です。
置き傘サービスは万全でした。



友人が東京マラソンに出場したので、
日曜日は一日中、雨の具合が気になった。
教会ではイースターに向けて大掃除をする予定だったが、
この雨では気勢が揚がらず、来週に延期。
私がそう言うと、どことなくみなほっとした顔になる。
理由は雨か、あるいは季節の変わり目のせいか、
体調を崩した人が多く、
この日はごくわずかな人たちだけで礼拝を捧げた。
まるで学級閉鎖寸前のよう。
年に一、二度、こんな日がある。
礼拝後は急遽、お茶会に変更になった。
Sさんが早起きをして、
門前仲町の伊勢屋でおだんごを買ってきてくれたのだ。
掃除をする前の腹ごしらえのつもりだったらしいが、
お茶うけとしてみんなに喜ばれた。

その友人に電話をしてみた。
マラソンは無事に完走。やったね、とわたし。
タイムは5時間強。
その間、やはり雨に降り続けられたものの、
「たのしかったです」
ということばを聞けてこちらもほっ。
宣教師の彼女は、来日以来、東京マラソンに応募し続けて、
今回初めて当選した。
ところが、辞退者が出て繰り上げ参加だったので、
知らせを受けたのが3か月前。
落選したと思ってトレーニングを止めていたらしく、
出場が決まった時には、
「ヨウコセンセ、うれしいけれど、すこしこまってます」
と言っていたからだ。
それで、3か月前、マラソンを完走できるように一緒に祈った。
きっと彼女のことだから、
マラソン中の5時間、祈りつつ走ったのだろう。
3万5000人ほどの参加者の中で、
祈りつつ走った人はどれくらいいたのかな。
彼女の5時間何分かのタイムのうち、
15分間は、スタートするまでの時間だという。
列の後ろになった彼女は、
スタート地点にたどり着くまで15分かかったそうだ。
その間、カメよりもゆっくり、ほとんど静止状態だったとか。
東京マラソン恐るべし。
人はなぜ走るのか?
村上春樹のエッセイにありましたよね、こんなタイトル。

e0165236_0464794.jpg

大人になると友人と会うことがなかなか実現しませんが、
美術館を見に行くという目的が伴うと、
案外うまくいくことを発見しました。
リニューアルした根津美術館は思った以上によかったです。
隅研吾さんの最近の建築物、どれも好きです。
落ち着いた雰囲気、庭園散歩もできて、
カフェのケーキが大きい! 紅茶はポットでたっぷり!
ケーキセット900円の値段に、さんざん迷ったかいはありました。
もとをとるべく、主婦トーク全開となりましたが。
[PR]
by Annes_Tea | 2010-03-03 01:07 | まちを歩く
<< オレンジソーダ+ストローは? 東京大学博物館の愉しみ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル