下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
新作のイースターリース

e0165236_21264563.jpg

今週から受難週に入った。
イースター当日を迎える前に、
イエスさまが十字架にかかってくださったことを、
いつにもまして深く思いめぐらす週である。
教会では、礼拝の後、
イースターの朝に歌う賛美歌を練習した。
定番の「うるわしの白百合」を一年ぶりに歌ってみると、
低音から突然びっくりするような高音に変わるので、
みんなちょっぴり苦しそうである。
昔の賛美歌はどうしてあんなにソプラノなんでしょうね。
(と、毎年思うこと)

受難週だから十字架をモチーフにしたものを飾るかというと、
そういう習慣は聞いたことがない。
プロテスタントの信仰は、
そもそもマルチン・ルターに始まる。
カトリックが形式に走るところをプロテストして、
徹底して本質を追求したのが出発点ということもあってか、
よけいな装飾を好まない。
十字架はわたしたちの心の中にあるからだ。

でも、お祝いの気持ちを形に表したり、
視覚教育の意味でも、
シンプルながら、飾りというものを大切にしたいとは思っている。
なにしろイースターは教会という家族における重要な行事なのだ。
会堂の玄関には3週間前からイースターリースを飾ってあるが、
今年はそれに加えて、
ユキヤナギに木製のたまごのオーナメントを吊るしてみた。
(それを見たSさんから「これは繭なの?」と聞かれた代物である)
そして、土曜日にようやくお花屋さんから届いた新作のリース。
じつはこれ、道路から見える大きな窓に下げるので、
両面を使える仕様になっている優れものなのだ。
たまごを付けて下さいとリクエストしたら、
ご覧の通り小鳥までついてきた。
あ、そうか。たまごと言えば鳥なのね。
たまごといえば復活、という発想はわたしたちだけかな?


参考までに、イースターエッグの作り方はこちら↓(クリック)です。
今年も子どもだけでなく、
大人たちもみんなで作る予定です。盛り上がりますよ !




e0165236_21265937.jpg
くり返し使えるように珍しく造花ですが、
リースはちゃんと本物のツルです。
こういうところが好きなんです、お花屋さんのセンス。
いつも感謝しています。


e0165236_21271122.jpg

3月の誕生日に届いた花も同じお花屋さんからでした。
送り主はメルではない方の家族からです。
こちらにもいつも感謝してます。


[PR]
by Annes_Tea | 2010-03-29 21:34 | イースター
<< イースターの風物詩 イースターの花たち >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル