下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
リ・ガーデン日記その2 リッピアを植える

e0165236_23405886.jpg
グラウンドカバーは各種試してきました。
これはアジュガ。かわいい花がつきます。


庭の話題、続きます。

庭を掘ると貝殻や石やブロックの破片が続々と出てくる。
場所によっては妙に黒い土で、
コークスでも埋まっていたのかと思わせる。
その昔、この土地には一体何があったのだろう?
深く考えると怖いような気もするが、
果樹がよく実るのを見れば、
土が汚れているわけでもないのかな、
と前向きに考えることにしている。

それでも、深く掘れば水の出る土地柄だから、
場所によっては草が生えない。
今回はそんな不毛とも思える土地での実験である。
緑化資材として注目を集めているリッピアを取り寄せた。
あちこちのサイトを見てみると、
何やらよいこと尽くしのようだし、
ひと苗150円足らずというのが嬉しい。
ダンボールに入って届いた苗を50センチ間隔で植えてみた。
ああでも、なんてこと。
椎の木が葉を落とす時期とあって、
植えた場所に落ち葉が日々山盛りになる。
柔らかい苗を傷つけないように、
細かい椎の葉を掃く、集める、捨てる。
牧師館暮らしと落ち葉掃きは、
切っても切れない関係なのだ。
まあ、この緑少ない下町で贅沢な悩みかな?

リッピアは梅雨を経て勢いを増し、
土一面を覆うと聞いている。
楽しみ、楽しみ。
風情のないむき出しの土が緑色に染まる日は来るのか?
うまくいった暁にはブログで報告しますね。
e0165236_23411062.jpg
リッピアが広がったら、
ここは自転車置き場にする予定です。ファイト !

[PR]
by Annes_Tea | 2010-05-17 23:45 | リノベーション日記
<< リ・ガーデン日記その3 ここほ... リ・ガーデン日記その1 木を切... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル