下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
リ・ガーデン日記その3 ここほれわんわん?
e0165236_20434410.jpg


行き止まりの狭い裏庭に初めて入ったメルはこんな顔に。
あんまり好きじゃないのね。わたしも同感。

これまでほとんど手つかずにしていた会堂の裏庭に足を踏み入れた。
メルも一緒にいたが、
掘り当てたのは大判小判とはいかなかった。
どちらかといえば、意地悪じいさん組である。
出てきたものは、ガラクタや欠けた陶器の類といった次第。
(話によっては、犬のフンというものもあるらしい。
妖怪も土の中から出てくるんですよね。)

欠けたブロックや石に混じって鉄くずも出てきた。
鉄工所が多い地域だから当然?
うーん、やはり気になる。
いったいこの土地には何があったのだろう。

e0165236_2044723.jpg

花咲かじいさんの犬は白かった。
あれは柴犬なのかな。
いまや、白い犬と言うと
思い出すのはソフトバンクのお父さん犬。
意地悪じいさんに殺されてしまうなんてあんまりな話で、
幼いころ、花が咲くわりには恐ろしいと思った記憶がある。

教会の敷地に大判小判はなくとも、
アメリカ人宣教師が60年以上前に埋めたタイムカプセルがあるらしい。
でも、掘り出せるのは会堂を建て替えた時という場所なのだとか。
早く新会堂を建てなくては。ううむ。

e0165236_20442499.jpg
この日の収穫はこれ。
ああ、産業廃棄物。いくらかかるのかしらん・・・。
なんだか庭仕事ばかりしているように見えますよね。
いえ、ちゃんと働いていますよ。
[PR]
by Annes_Tea | 2010-05-20 20:49 | リノベーション日記
<< リ・ガーデン日記その4 植木屋... リ・ガーデン日記その2 リッピ... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル