下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
台東区デザイナーズビレッジに行く

e0165236_022393.jpg

台東区のデザイナーズビレッジで一般公開をするというので、
朝、仕事前に立ち寄ってみた。
もとは小学校だった校舎を再利用というのは今どき珍しくないが、
昭和3年竣工の建築と聞けば、少しばかり心が踊る。
階段を上がっていくときの期待感や、
あちこちにある丸みが、あ、好みだな、と思う。
旧移住センターを再利用した神戸の「CAP」を思い出した。
まだ、あるのかな?
あちらはアートスタジオなので、
朽ちていく建物の雰囲気をそのままうまく生かしていた。
古い建物で暮らすようになってから、
どうも「朽ちかかった」というところに共感を覚えてしまう。
台東区の方はファッションビジネス関連の創業支援施設なので、
明るく清潔だっだけど。

もと給食室だった空間がカフェになっている。
開店と同時に入ろうとしたら、
中でおしゃべりをしていた女性たちがわたしを見て、
「あ」という顔をする。
何かと思ったら、
「今、氷を買いに行ってるんです」と言われた。
このゆるい感じ、まるで教会のバザーのようだ。
そんなわけで(?)缶ジュースの持ち込みも許可されていて、
ますます好きになってしまった。
バヤリースのトマト果汁90%に初挑戦。(なぜ100ではない?)

ついでに浅草橋に足を伸ばしてシモジマを見て回る。
最近、教会の備品はアスクルで頼むことが多く、
しばらく遠ざかっていた。
蔵前寄りのシモジマが「east side tokyo」という
花屋向けの材料店に変身していて驚く。
手作りウエディングがすぐにでもできそうだ。
白い器やリボンなどロマンチックな資材を見ているうちに、
結婚式のお手伝いをしたくなってしまう。
準備は大変だけど、裏方としては最高の役回りだ。
残念ながら、最近はお葬儀続きで結婚式はないなぁ。
古い物好きのカップルのみなさん、わたしたちの教会でいかが?
(問い合わせや見学はたまにあるものの、
トイレが1つだけというのがネックだったりする。控え室もないし)

それはさておき、
4階はクラフトグッズが豊富で、手芸女子には至福の場所。
ちなみに、シモジマで台東クラフト&ザッカの地図がもらえる。
(オープンビレッジは先週で終了しましたが。あしからず)
少し足を伸ばして馬喰町ART+EATもおすすめ。
メニューの印象よりも、ケーキはボリュームがあっていけますよ。

e0165236_023476.jpg
台東区のオープンビレッジには、
デザイン性の高いアウトレットものもたくさん出ていました。
半額、しかも羊なので、つい購入。
1階のショールームはカワイイが満載!


[PR]
by Annes_Tea | 2010-05-27 00:07 | まちを歩く
<< 桑の実のジャムを作る リ・ガーデン日記その4 植木屋... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル