下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
桑の実のジャムを作る

e0165236_22323661.jpg
イケアでマルベリージャムを見たことがあります。
あれ、桑の実のジャムのことですよね。


庭の桑の実を摘んでジャムを作った。
桑の実はそのままでは大味だ。
どうしよう。
台所を物色しているうちに、
冷凍庫の奥にブルーベリーを発見した。
マフィン作りの残りだっけ。忘れていた。
ほんの数粒を混ぜてみる。
きび砂糖を加えて1日置くといい具合に水が出てくる。
ここにレモンを加えて、ことこと弱火。
量が少ないからすぐに水分が飛びとろりとしてくる。
冷めてから味見をして驚いた。
なんと、レーズンの味がする。
翌日、ヨーグルトにかけて朝食にいただいた。

朝、脚立に上って桑の実を摘むのが日課になっている。
てのひらで言えば、こんもりと山盛り程度。
摘めるだけ摘んだと思っても、
昼ごろに桑の木を見上げると、またいくつかが赤くなっている。
天気がよければ、夕方にもひと収穫できる。
わずかな時間の中で、赤く、赤く、少しずつ色づいていく様子を、
時間があれば眺めてみたいような気もする。

e0165236_22493833.jpg
今年の豊作で、メルは落ち穂拾いに忙しい。
わたしや鳥が摘むのに間に合わなかった桑の実は、
すべて地面の肥やしとなるわけだが、
メルは庭に出る度に夢中でそれらを食べている。
拾い食いはわがやの方針では断固禁止だが、
このときだけはメルに心ゆくまで食べさせてあげる。
犬の目にこの世界は白黒写真である。
土がむき出した黒い地面に黒い小さな桑の実はよく見えないのか、
匂いだけを頼りに探し回る。
メルはバイアイでもともと視力が弱いようだから、
桑の実で少しは視力が向上するかな?
桑に含まれるアントシアニンはブルーベリーの何倍もあるのだとか。
去年の検診で、視力が落ち気味だから注意するようにと言われた。
わたしも毎日の桑の実ジャムで、少しは改善するとよいのだけど。


リッピアのその後は? 日向と日陰でこんなにも成長に差が。

e0165236_22325060.jpg
e0165236_2233072.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2010-06-03 22:40 | 日々の庭と花
<< 金八とメルと東京未来大学 台東区デザイナーズビレッジに行く >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル