下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ゴーヤの摘心

e0165236_22393976.jpg
今年のインパチェンスはこんなピンクにしました。


梅雨の晴れ間が続いて、
ついにゴーヤがフェンスのいちばん上まで辿り着いた。
やったね、と思った後で、はたと考え込む。
この先、ゴーヤのツルはどこを目指して進むのだろう?
フェンスは隣家との境にある。
このままでは楽々と乗り越えて、
あちら側におじゃますることになってしまう。

緑のカーテンと言いながら、
葉はネットを覆うように広がってはおらず、
ただ上へ上へと伸びただけだった。
あら、やだ。
こんなことに気付かなかったとは。
葉を繁らせなくてはカーテンにならない。

「ゴーヤ、緑のカーテン」
慌ててネットで検索をしてみると
「摘心」ということばに行き着いた。
親ツルの先端を10センチほど切ることらしい。
頭を止めると子ツルや孫ツルが脇から育ち、
全体的に葉が繁っていく。
そうか。木の剪定と同じなのか。

6本ある親ツルの先を切る。
思いきりよく切ることが、成長の秘訣である。
これはいつも聖書の中でイエスさまが教えていることと同じだ。
この後は、
葉ばかり繁って実のならない者にならないように注意せねば。
ゴーヤもわたしも、ね。


ゴーヤで緑のカーテンを作る(来年のための覚え書き)
1.園芸ネットは10㎝編み目のもの。
2.60㎝長さのプランターに2苗。
3,親ツルが伸びてきたら(1mほど?)親ツルの先端10㎝を摘心。
4.2週間おきに液肥。
(ただし、まだ実験中なのでこのメモは変更する可能性大)


e0165236_22394956.jpg
近くの花屋で勧められた100円の苗。名前はなんだったか。メルがこの葉をよく食べるんです。庭にはメルの好物がいっぱい。これと桑と木の芽とクレゴマ。食べていいのかな~? 花屋は先々月、突然閉店してしまいした。私がこの町に来てから2件目の閉店です。


[PR]
by Annes_Tea | 2010-06-25 22:48 | 日々の庭と花
<< 久しぶりの紅茶教室 緑のカーテン >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル