下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
黄色いゴーヤ

e0165236_1174770.jpg
夏、メルの散歩に早起きは欠かせません。
なにしろ毛皮を着ているのですものね。



冷房をかけていてもダレてしまう。
厳しい暑さはしんどい。
でも、こういう真夏は大好きだ。
自分が子どもだったら、
ぱあんとプールに飛び込んでしぶきを上げたいところ。
なんて呑気なことを言えるのは、
やはりエアコンがあるおかげだろう。

新婚1年目、牧師館にはエアコンがなかった。
今思うと、いったいどうやって暮らしていたのかな。
新婚とあって、
当時はいろんな知り合いが遊びに来てくれた。
思い出すのは、室内で額の汗をぬぐっていたそれぞれの姿だ。
本当に暑かった。
ああこれからわたしは、
アンの友人で貧しい宣教師と結婚したフィルみたいに
いろいろと耐えることが多いのかしらん、
なんて遠い気持ちになったものだ。
いや、べつに、
エアコンをつけたい、
と教会のみんなに言えばよかっただけなんですけどね。

梅雨明けをしたとたん、
少しずつ身近な景色が変わる。
リッピアは地面を覆い尽くし、
白い小花を次々と咲かせる。
誤算だったのはこの花を目当てに
ひっきりなしにハチがやってくることだ。
まあ、人を刺す類のハチではないようだが、
花と間違えられてはことだから、
赤や黄色のTシャツを庭で着られそうにない。
メルはハチなど気にもとめず、
どかんとリッピアの上に寝転がる。
(すっかりリッピアはメルの陣地)

夕方、メルの散歩で荒川土手へ行くと、
昨日あたりから夕焼けの色が違っている。
カラーフィルターをかけたような不思議な赤紫に空が染まる。
なじみの犬の飼い主たちとしばしその色に見とれる。
ただし見上げるのは人間だけ。
犬たちは互いに距離を保ちながらただ静かに待っている。

e0165236_1141337.jpg
そして今朝。
ゴーヤが黄色に変身していた。
ええ? 確かに昨日まではきれいな緑色だったのに。
収穫を楽しみにしていた第一号は、
大きくなることもなく突然、人生を進めてしまった。
なんで?
花や木とは気心も知れてきたが、
野菜作りは初心者なのでさっぱりだ。
この夏はゴーヤをスーパーで買わずに済むとふんでいたのに、
これもまた誤算なのかしらん。

○黄色いゴーヤのその後の話はこちらをクリック↓

○黄色いゴーヤのレシピはこちらをクリック↓

e0165236_1143645.jpg
チビゴーヤは次々実をつけてはいます。
でも、4苗あるうち、実をつけるのはたった1苗だけ。
難しいものですね、野菜って。

[PR]
by Annes_Tea | 2010-07-21 01:20 | 日々の庭と花
<< 変わる人、変わらない人 デジイチ復活 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル