下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
夏の庭で見つけたもの
e0165236_13234637.jpg
早朝、たった一日だけメダカの鉢の水草が花をつけました。忙しく出歩いていたわたしは見られず、夫が撮影。忙しがっているとソンしますね。


今週はこの夏の山場。
これさえ乗り切ればという1週間だった。
早朝から電車に揺られ、
海のある街まで外仕事に通っていた。
海は見えるのにぶらぶら歩きはできないもどかしさ。

ひと区切りついて家の中を見回したが、
思ったよりも現状維持できたのは夫のおかげ。
掃除こそしないが、
食事の準備や後片付けは頼りになる。

自分で自分の食べるものを作れる、
というのは男性だって当たり前だと思っているのだが
世の中はあんがいそうでもないようだ。

わたし自身はおにぎり二個という情けないランチが続いたので、
昨夜は猛烈においしいものを食べたくなった。
「イタリアン、それもちゃんと料理人が作ったようなもの」
でも、食べに行く気力はないし、お財布だってもったいない。
というわけで、
わがやの料理人がズッキーニとトマトの夏パスタを作ってくれた。
わたしはサイドメニューとして
じゃがいもとほうれん草のチーズ焼きを作った。
ほうれん草をバターで炒める手間を省いたせいか、
間の抜けた味になってしまった。

気持ちが出るなあ、料理には。
来週は夫の教え子たちが庭でおこなうバーベキューに来る予定だから、
心を整えておかないと。

メルとも散歩に行くのは5日ぶり。
ただ、どんなに忙しくても
庭の水まきだけは手抜きをしなかった。
この暑さだもの。一日でも放っておけばすぐにだめになる。
とはいえ、ゆっくり庭を点検するゆとりまではなかった。

今朝、ひとつひとつ植物にあいさつをする。
ゴーヤの実が6つに増えていた。
琉球朝顔のツルが、いつの間にかフェンスの上まで伸びている。
うす紫色した芙蓉の花が開いた。
そしてこの夏最初の穴ぼこを見つけた。
セミ、出てきたのね。

今夜は隅田川の花火だっけ。
毎年不思議なようにこの日に穴ぼこを見つけるのだ。

e0165236_1324992.jpg
[PR]
by Annes_Tea | 2010-07-31 13:26 | 日々の庭と花
<< 黄色いゴーヤは犬のおやつ? 変わる人、変わらない人 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル