下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ゴーヤ総決算
e0165236_010791.jpg


最後の力をふりしぼるゴーヤたち。
次から次へと小さな実をつけている。
でも、これまでと違うのは
なかなか大きくならないし
一晩で黄色く変身するマジックも見せてくれない。

夏が終わるんだ。

結局、緑色の自家製ゴーヤを食べられたのは
たったの2回だけ。
それ以外は、みんな黄色くなってしまった。
なんでかなぁ。
これは来年の課題。
とにかくグリーンカーテンにはなってくれたので
初回としては成功かな。

『ポール・スミザーのナチュラル・ガーデン』
をめくっていたらこんなことば。

「自分に合う土地で暮らすと丈夫で元気になるのは、
 人間も植物も同じだよ」

うんうん、その通り。
でもね、とも言いたくなるのは
人間の場合は
たとえ自分に合わない土地でも
そこで暮らしていかなくてはならないことの方が多いから。

結局、そこに本気で植えられているかどうか。
根っこに解決の糸口がありそうだ。

わたしの根っこ、
ちゃんと地下に伸びているかしらん。
秋を前に点検しよ。


e0165236_010293.jpg
夏に泊まったコテージは、自家菜園の野菜を自由に使えるという太っ腹。朝ごはんはサラダにしようと張り切っていたら、どれも火の必要な野菜たち。朝摘みサラダは諦めて、お土産にいくつかいただいてきました。ズッキーニをオリーブ油でじっくり焼いて塩こしょう。このうえもなくシンプルなおいしさ。夏野菜のズッキーニともお別れですね。

     ↓ クリックで応援をありがとうございます!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ









[PR]
by Annes_Tea | 2010-09-23 00:14 | 日々の庭と花
<< 建築の品格 ポール・スミザーの美しい庭とシ... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル