下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ニューヨークの旅の準備は意外なもの?

e0165236_226827.jpgメルが目を合わせてくれません。


生協に注文をし忘れたので、
スーパーへ野菜を買いに入った。
葉野菜のあまりの高値にたじたじ。
というのが1週間ほど前だったか。
ようやく買いやすい値段に戻ってきたようでひと安心。
玉ねぎを買うのにためらうのは久しぶりだった。

「やっと下がってきましたので、どんどん食べてくださいね」
スーパーの店員さんが野菜を並べながらお客さんと話している様子に
少しだけ聞き耳を立てる。
「ただ、トマトだけは下がらないんですよ」
そうなんだ。
でも、トマトは今の旬ではないから食べなくてもいいかな。

旬を食べているかなあ。
栗、なし、ぶどうは完了。
ええと、柿はまだだし、
りんごも高くていつものように毎日とはいかない。
さつまいもだけはよく食べている。
なぜかこのところいただくもので。
緊急時の食糧なのは、今も昔も変わらないのかな。
一昨日はSさんから、新米を3合にさつまいも。
「お裾分けのお裾分けだから少しだけど、リゾットならできるでしょ」
というSさんの気取らない発想がいつもながら好きだ。
さつまいもとりんごとレーズンを煮て、
あとはきのこのリゾットにしようかな。

来週から旅に出る。
というわけで、冷蔵庫の整理をしつつの毎日。
久しぶりに日本脱出の先はニューヨークだ。
最後に行ったのはアメリカ人と結婚する友だちの結婚式でのこと。
私はまだ結婚の見通しすら立っていないシングル時代だから、
相当昔のことである。
彼女は今は二児の母だし。
イーストリバーに面したこじゃれたレストランでのパーティでは
延々と料理が出てきて終わりがないのではと不安になるほどだった。
日本人のわたしには無理、と思えるようなダンスも延々と。

今回は、旅の前半、別の友人のところにお世話になる。
友人といっても、もともとは夫の古い友人で、
じつを言うとわたしが正式に友だちになったのは昨年のこと。
でも、今の時代は、
たとえ一度会ったきりでも、
メールやブログやフェイスブックなんかで交わりを深められるのはすごい。
NY在住のこれまた別の友人にも夫が連絡をメールで取ると、
1分足らずのうちに返答が来た。
ツイッターを使っているのだろう。
そして2分足らずの間に、いつどこで会うのかも決定。早い。

滞在させていただく彼女から、
「買い物リスト」を承った。
日本で買えたら買ってきてね、というゆるいお願いなので、
こちらも気楽な感じで引き受ける。
おもに乾物とお菓子なのだけど、
このお菓子というのは地域性を反映しているのか
リクエスト通りのものが見つからないのだ。
どちらかといえばロングセラー、よく知られたお菓子なのに、
ここ墨田には扱いがないのかしらん。

でも、気になる。
例えば「おっとっと」。
近所のスーパーは全滅。
やっぱり気になる。
仕事の出先でもスーパーに飛び込んでみる。
ないなぁ。
1年生のクラスのみんなに聞いてみると、
「あるよ、あるよ、柏の高島屋の地下で見た」
と言う。うーむ、それはあまりにローカル。あまりに遠い。
私が食べたいと思ったらしく、
授業の帰り際、
「次のときに持ってくるね、カレー味だよ」
と別の子が言うと、手を振って行ってしまった。
ありがとう。ありがとう。

もうひとつわたしたち夫婦にはなぞの食べ物、
「忍者飯」という名のグミ。
これは教会に(というかゴエモン先生に)遊びに来た近所の子どもたちに
夫が聞いてみたのだが、
だれも知らないと言う。
ところが、ところが、
翌日、ピンポーン、と鳴ったかと思うと
その中のひとりの男の子が
「100円ローソンで見つけた!」
と教えてくれた。
ありがとう。ありがとう。
子どもたちって親切だよね。
やっぱり、餅は餅屋。

早速、夫がローンソの忍者飯を買いしめた。
これで旅の準備、ほぼ完了。

月曜日に出発します。

e0165236_227243.jpg
メルにはちょっと大変な週になります。このふきげん顔。予感してる?


     ↓ クリックで応援をありがとうございます!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ
















..... Ads by Excite .....
[PR]
by Annes_Tea | 2010-10-16 22:12 | まちを歩く
<< ニューヨークの旅♯1  旅から... 整骨院でからだをゆるめる >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル