下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
Thank you letter to 講演会を応援してくださったみなさん
e0165236_21171296.jpg


講演会を終え、
アドベントよりも1週早くクリスマスリースを飾りました。
今日、「墨東まち見世2010」のクロージングパーティがあり、
こちらもひと区切り。

いよいよクリスマスの準備に入ります。

講演会にいらしてくださったみなさん、
さまざまな忙しさの中から、
このためにご自分の時間を使ってくださったこと、
何よりも感謝しています。

そして、
参加したいという思いをメールでお伝えくださった
地方におすまいのみなさんも、
本当にありがとうございました。

昨年、「声なき者たちのための声」を支援している
スージ・チルターズさんのワーク・ショップを開いたときもそうでしたが、
地方在住の方々からより多く応援いただきました。

東京というまちにいると、
その気になればいくらでも講演会を聞くことができるぶん
なれっこになってしまっているのかなと、
ときどき思います。
でも、どのような集まりであっても、
実際に足を運んでしか知ることのできないものがありますよね。
その中でも大きな発見は、自分の心の動き。
ああ、こんな風に自分は感じるんだな、と知ること。
一期一会の醍醐味。
今回も、そんな発見がいろいろとありました。
講演の内容は、その重いテーマゆえに、
ぱぱっとブログには書けないな、と思いました。
ただ、天に国籍を持つ者の幸い、
消えない希望を持っている者の強さ、
といったようなことはあらためて思いました。

内容とは別に、とくに嬉しかったのは、
さまざまな再会と出会いがあったことです。
ともに時間を共有できたこと、
またひとつ心の宝が増えました。

「神のなさることはすべて時にかなって美しい」
私の大好きな聖書のことばを思いめぐらす一夜でした。

     ↓ クリックで応援をありがとうございます!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


[PR]
by Annes_Tea | 2010-11-23 21:19 | お知らせ(イベント他)
<< ニューヨークの旅♯4  空中公... だれかを自死で失ったことはあり... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル