下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
パベットの晩餐会のように
クリスマス愛餐会のテーブルには、持ち寄るみんなの愛情がぎゅっ。
e0165236_2193652.jpg


走り抜けた4日間が終わった。
教会のバックヤード隊長としては、
劇団のクリスマス公演でも終わったような気分だ。
後味はすこぶるさわやか。からだはぐったり。
なつかしい再会、初めましての出会い、いつもの顔・・・。
泣いたり祈ったり、しゃべって食べて歌って。
ああ、教会って生きていくことのすべてが凝縮されてるなあ、とあらためて。
ヴァイオリンとピアノもなんとかうまくいったし。

e0165236_2110074.jpg


ニューアーク空港からの帰路の飛行機の中で
久しぶりに、本当に久しぶりに『バベットの晩餐会』を見た。
これはわたしのイチオシとも言える映画なのに、
手元にビデオがなくて見たいときに見られない。
アマゾンで買おうと思ったら、なんとなんと高値なこと。
再販してほしいなぁ、と願っている作品だ。

じっくり見てみると、
案外記憶違いをしていたり、
前半部分を忘れていたり。
それでも、初めて見たときのしみ入るような幸せ感は同じだった。
わたしが教会の愛餐会をとりわけ大切に思うのも、
この映画によるところが少しはあるかもしれない。

初めの愛に戻ること。
土台をキリストに据えること。
これは教会でも家庭でも、幸せの秘訣なのだ。

e0165236_21102223.jpg



バベットの晩餐会 [DVD]

ポニーキャニオン


[PR]
by Annes_Tea | 2010-12-26 21:16 | お茶と料理、ときどきカフェ
<< 今年の漢字は「喜」 クリスマスの飲み物、エッグノッ... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル