下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
希望が生まれる場所
e0165236_001798.jpg


つい最近、大学の先生から教えてもらったこと。
心理学的に言うと、
人間の幸福感は安定から生まれるが、
希望は変化から生まれるのだとか。

変化、というと聞こえはいいが、
それは思ってもみない状況に追い込まれるという意味でもある。
どちらかというと試練。
たとえば、
家族を失うこと。
仕事を失うこと。
住まいを失うこと。
健康を失うこと。
つまり、大切なものを突然失うこと。
どれもたいへんな変化だ。

そういえば、
これらの変化に直面して漂着したのが教会だった、
ということは少なくない。
わたしもこのタイプである。

人生に息切れしそうな状態だったのに、
聖書に触れるうちにまったく新しい希望を持ち、
少しずつ元気になって表情までどんどん変わっていく。
こういう現場にいられることが最高の幸せ、
とわたしは思う。

新しい年が始まったせいかな。
希望とか、喜びとか、新しいとか。
そんなことばにやたらと反応してしまう。

思い出したのはこの聖書のことば。

それは、患難が忍耐を生み出し、
忍耐が練られた品性を生み出し、
練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。

この希望は失望に終わることがありません。

なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
神の愛が私たちの心に注がれているからです。
(ローマ5:4-5)


e0165236_00469.jpg

初めてクリスマスローズを育てています。新芽というのかな? こういうところにも希望を感じますよね。花が咲くまでには時間のかかる植物だそうですね。今年の春には会えるかな?
[PR]
by Annes_Tea | 2011-01-06 00:07 | 牧師館で暮らす
<< 犬の甘えグセ ローストビーフの定番レシピを求めて >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル