下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
犬の甘えグセ
楽しい遠足のはずなのに、メルはこんな顔。ドアップにて失礼。
e0165236_23384920.jpg


今日から私だけひと足先に外仕事も始まって、
お正月気分とはサヨナラ。
その前にと、一日遠足に出かけたのだか
メルの様子がおかしい。
いつもは車に乗るととびきりのスマイルを見せる。
ところが、なんとはなしにしょげている。
ずっとずっとしょげている。
じつは前の晩からおかしかった。

お正月とあって、
わがやのリビングにメルを連日招き入れた。
たぶんあれがいけなかったのだ。
ふだんは玄関でおとなしく丸くなっている。
ほんのときどき、
例えばわたしたち二人とも留守が続いたときだけ部屋に入れる。
こうしてバランスをとっているつもり。
実際、それでうまくいっていた。

でも、連日心ゆくまで甘えられるうれしさは、
メルに甘えグセを与えてしまったのかもしれない。
遠足の前日は夜だというのに立ち上がり、
尻尾を振って「中に入れて、入れてよ」とアピールし続けていたっけ。

あーあ。象のハナコさんを思い出してしまった。

ごめんね。
犬にはお正月は終わり、と言ってもわからないものね。

さて。また犬散歩と仕事と家事と教会の日々。いくわよ。

     ↓ がんばれメル! と思ったら、応援していただけると元気出ます。
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ

e0165236_2340563.jpg

よく晴れた寒い冬の一日でした。

e0165236_23413989.jpg

ネコを撮るときには、にゃあ、と声かけすると見てくれます。お正月のおかげでブログもたくさん書けました。
[PR]
by Annes_Tea | 2011-01-07 23:45 | ボーダーコリーのメル
<< 「食堂かたつむり」と夜中のお汁... 希望が生まれる場所 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル