下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
「観光アート」川村美術館へ
e0165236_0332034.jpg

お休み中、川村美術館に行きました。「ダビデ王の夢」というシャガールの大きな作品が面白かったです。その朝、ちょうど聖書の第二サムエル記を読んだばかりだったので、なんてタイムリーと思いきや、ダビデ王といってもよくよく見ると、イエスさまのことのようでした。イエスさま誕生場面の背景にはパリのエッフェル塔が飛んでましたよ。



『観光アート』(光文社新書)という本の巻末には、
おすすめ美術館100なるリストが掲載されていて、
ここもあそこも行きたいよぉ、
という気分になってしまった。
行ったところに印をつけたくなるのは、
学生時代、夏休みになると
「新潮文庫の100冊」的なリストに
せっせとしるしをつけた名残りか。

「観光アート」は著者の造語で、
1アートを見る旅
2地域活性化やまちおこしのためのアート
の意味なのだとか。

言われてみれば、
美術館を目的とした旅というような戦略に、
わたしもまんまとのせられているかも。

このリストも便利だが、
まちづくりとアートにはふだん少しはかかわっているので、
感じていることをまとめて読めて頭が整理できてありがとう、
というのが読後感。
アートとまちを考えるときに、
現在の概観をざっとつかむにはわかりやすい本だ。
教会とまちとの関係を考えるうえでも学ぶところあり。

今年はどこに行けるかな?




e0165236_032419.jpg

川村美術館の内部は見やすくてよいサイズでした。ただ外観は形と外壁が好みではなかったので写真はなし。レストランカフェにはモーニングがあるので、まず朝食をいただいてゆっくり観て散策、というのがおすすめです。

e0165236_0333898.jpg


こんなに広い庭! メルと駆け回りた~い、寝転びた~い。でも、願いは全部かないません。散策コースも充実ですが、ここも犬禁止。自転車もだめ。景色も作品ということなのでしょう。それはもうすみずみまでよく手入れされていました。わたしはもう少しざっくりした美術館の方が好きかな。お茶室での一服はぜひお試しあれ。

e0165236_0345445.jpg

美術館の敷地内にある散歩コースです。ね、犬と歩きたくなりませんか。

     ↓ 私も行きたいな、と思ったら、クリックで応援よろしくです!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


[PR]
by Annes_Tea | 2011-01-14 00:42 | まちを歩く
<< 夫がシュフになる日 「食堂かたつむり」と夜中のお汁... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル