下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
きのうやあすを背負い込んではいけない

e0165236_20414011.jpgいつも2月は危ないので、気をつけていた。でも、こんな雪が降る寒さだもの、やはりストンと穴に落ちた。1週間ほど、いわゆる思いわずらい病にかかっていた。これは方向が違うぞ、と心の奥底ではわかっているのに。友だちと話す。祈ってもらう。自分で祈る。聖書のことばを口ずさむ。美味しい紅茶を入れる。とまあ、いろいろとやっているうちに正気になった。

e0165236_20415633.jpg女のヒトというものは、ときどきこういう穴に陥るのではないかな。穴にいる間にも、子どもたちを教えに行ったり、早春を先取りした植え替えを敢行したり。別の元気な自分がパタパタ動き回っている。突然決まったバザーのために、チラシをあちこち持って行ったり。不思議だ。雪でだめになったかと思っていたビオラが再び活気を取り戻してきた。この写真は伸びきってしまったビオラを摘んで食卓に元気づけ。「きのうやあすを背負い込んではならない。きょうに生きよう。今あなたのいる十二時間に生きよう。人生に成功したたいていの人たちの特色は、過去を忘れるというこのすばらしい才能に恵まれていたことにある」。メッセージの準備のためにロイドジョンズの本を読んでいたら、彼が私を説得してくれた。ロイドジョンズは心の中で起きている混線をほどいてくれるような文を書く。とまあ、今日はいつもと違う感じのブログですかね。元気です。大丈夫。さて、メッセージをもうひとがんばり。

















..... Ads by Excite .....

[PR]
by Annes_Tea | 2011-02-18 21:02 | 牧師館で暮らす
<< 初めてのクリスマスローズ NYの旅♯8 カフェもおすすめ... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル