下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
共感する力
高校の卒業式で夫が生徒からもらったチューリップは手紙付き。震災の関係で日程も場所も変更になったものの、無事に終えることができました。
e0165236_0443793.jpg



祈りの働きを始めてから、
文字通り一期一会の出会いに恵まれることが増えた。
つまりそれは、
今このときの悩み苦しみに、ともにその場にいさせてもらえる、
ということ。

今回の女性の祈り会はとくに、
「震災」という忘れえぬ年に集ったお仲間として、
記念写真を撮らせてもらった。
みんななんていい笑顔!
郷里が被災に遭われてそれは大変な日々を過ごされた方も、
また、今、試練の渦中にある方々も、
なんていい笑顔。

写真のタイトルには、
「うるわしの白百合シスターズ」あたりがよいのでは?
などと勝手に思ったり。
お見せできないのが本当に残念。

震災支援の集まりのために、
教会漬けになっていた日々が終わり、
今週は、外に飛び出す予定でいる。

計画停電地域にも行くことになるので、
逆算に余念がなくなりそうだ。

祈りの話の流れで、
フェイスブックで教えてもらった祈りをご紹介。
子どもたちの表情を見ていると、
悲しむ者と悲しむ、という聖書のことばを思い出して、
こちらも涙ぐまずにいられない。

人生にあまり願いを持たない人は、
人に共感する力も弱い、
という文章を最近読んだ。
何を根拠としての話だったか。
でも、確かにその逆の共感力について考えると、
生命力にあふれている人は
イエスさまのように泣く者と泣く、
ということをごく自然にしているように思う。

共感力。今の日本人に必要ですね。

Prayers from kibera for Japan 〜祈り〜キベラから日本へ


東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
[PR]
by Annes_Tea | 2011-03-27 00:49 | 牧師館で暮らす
<< 週末、古本チャリティあります HOPE >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル