下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
クリスマスローズの花の後の手入れは?

e0165236_21365486.jpg
クリスマスローズの種がぷっくり。


クリスマスローズの葉が、どんどん巨大化している。
花は黄緑色から茶色に変わりつつも、
切ってしまうにはもったいない愛らしさ。

夏に眠り、冬に花咲く。
この感覚が、いまひとつつかめない。
あれです、あれ。
真夏のクリスマスというオーストラリアのようで。
さて、この暑さだもの、休眠期に入る前に手入れのコツを知っておかなくては。

とは思うものの、ネットや本は詳し過ぎてポイントがわからない。
花壇の花選びをしていただいたお花の先生にSOSを出す。
忘れないようにと思って、今日のブログはメモ代わり。
同じように困っている方がいらしたら、参考までにどうぞ。


初めてのクリスマスローズの育て方(あくまでもわたしの場合)

12月〜1月
冬、花芽が出る前に、硬い葉をどんどん切る。大胆に、丸坊主かもと思うくらい。1月中にこの作業を終えておくと、花がどんどんついてくる。

2月〜4月
花盛りの楽しい季節。水やり以外は、ほったらしかしでも大丈夫。

5月
花が色あせて終わってきたら
1花の茎を5㎝ほど残して切り取る。

2しばらくすると切り取った残りの茎は茶色くなり腐ってくる。
スポッと抜けるようになったら、必ず抜き取っておく。
(これをしないと病気になるキケン)

注意したいこと:
梅雨になると蒸れやすいので、大きくなった葉を時々剪定して、いつも風通しをよくする。

クリスマスローズを元気に育てるキーワードは、どうやら「風通し」のようですね。
このあたり、わたしと気が合いそう。
風通しは、暮らしにも人間関係にも、そうして夫婦の間にも必要ですものね。
大きくて余分な葉は、思い切ってカット、カット!

☆初めてのクリスマスローズの記事はこちらで読めます


花あわせノート―いつもの器とすこしの花で愉しむフラワーアレンジメント (セレクトBOOKS)

井出 綾 / 主婦の友社


お花を選んでいただいたのは、この本の著者です。素敵な本です。先生も。写真で見る犬が、それはもうかわいくて。

e0165236_21375122.jpg
















教会の庭に昔からあるグミの木に、うん十年ぶりに実がつきました! だれも実を見たことがなかったので、グミであることすら知りませんでした。(植木屋さんに教えてもらいました)。エクステリアを新しくして、周りの木を切ったおかげかな。なんだかよい兆し。やっぱり庭も風通しが鍵ですね。











..... Ads by Excite .....

[PR]
by Annes_Tea | 2011-05-09 21:44 | 日々の庭と花
<< まめ日和と雨上がりの庭 被災地へ、一箱の思いをつなぐ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル