下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
まめ日和と雨上がりの庭
二日間続いた大雨が上がってみると、庭は勢いを増してむせかえるほど。
e0165236_22332983.jpg


オリーブが花をつけています。今年は実がなるでしょうか。
e0165236_2234393.jpg


そして、今年のリッピア。2年目に入ります。もこもこと増えてきました。ここを自転車置き場にする野望を抱いたまま。今年は前進するとよいのですが。
e0165236_2235296.jpg


この季節は、少しでも気を抜くと、
あっという間にドクダミの住まいとなってしまう。
ドクダミも悪くはないのだけど、
せっかく植えた草花が負けてしまうのでうかうかしていられない。

昨日は雨の中、曳舟の総菜屋まで行った。
ふるほん日和の集まりで、
墨田ブランドにしたい「豆」のおかずの試食会が開かれたのだ。
本来の目的は、その後に開かれる話し合い。
でも、そちらには祈り会のため参加できず、
いわば食べ逃げのカタチに。

集まったのは10人ほどだったが、
3種の豆のおかずを食べては、携帯で写真、そしてツイッター
とまあ、みなさんの素早いワザに驚く、驚く。
みんなが撮るなら、私はいいや。
少々へそがまがっているところがあるので、
私は食べることに専念した。

墨田ブランドに認定されると、
スカイツリーのショップで販売されるのだとか。
願いがかなうとよいですね。

さて、もうひとつ驚いたのは、
集まったのは仕事持ちの主婦が多かったのだが、
みなさんそろって豆を煮ない、ということ。
豆は煮ないで買うものだそうだ。

豆好きとしては、
いつも煮抜きにして冷凍してある。
大豆、ガルパンゾ、レッドキドニーが基本。
レッドキドニーは缶詰の場合も多いけれど。
15分で煮えるレンズ豆は常備食だ。

豆を煮抜きにするという習慣は、
主婦になって始めたこと。
長く続くと大雑把になったり面倒になるのが主婦稼業。
結婚の初心を忘れないために、
今でも煮ているような気もするけれど。

今年は圧力鍋がほしいな。
豆を煮るのに便利だもの。
結婚祝いにもらったのだが、
おもりがくるくる回る古いタイプだったので、
二度もおもりを紛失して、そのままになっている。
夫からはモッタイナイ、と言われ、
おもりを取り寄せるように言われている。

でもね、今はもっと手軽な圧力鍋がたくさん出てるからなあ。
と、そのままにして2年が経つ。
大物の調理器具は、気合いを入れないと、
なかなか新調できないのはなぜかな。

e0165236_22491169.jpg

お土産にもらったのは総菜屋さんのいちばん人気の「豆の田舎煮」。ほろほろに崩れたところがポイントですね。バニラアイスにあわせるのが大好きなお客さんがいるそうです。ちなみに男性。いろいろごちそうさまでした。


東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
[PR]
by Annes_Tea | 2011-05-13 22:56 | 日々の庭と花
<< 世渡り下手なボーダーコリー クリスマスローズの花の後の手入れは? >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル