下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
世渡り下手なボーダーコリー
メルの至福のスタイルはこれ。わたしとはこうなりません。微妙な関係です。
e0165236_22305033.jpg


メルを見るたびに思うのだが、
犬というものは、奇跡のようにかわいい。
これはもう、犬バカ丸出しの台詞で鼻白む人もいるかもしれないのを覚悟で言うと。
もともとの犬好きでなくても、
こんな気持ちにさせられることがなによりもの奇跡かな。
メルを抱きしめると、じっと固まる。
こういうところがボーダーの世渡り下手なところだな、と思う。

世渡り上手と言えば、例えばトイプードルかな。
初対面なのに、イイコ、イイコ、して、
と寄って来られると、
今度はわたしの方が戸惑う。
やはりボーダーという少し難しめな方が
自分の気質には合っているのかもしれない。

先日、動物をモチーフにしているアーティストさんに、
そのきっかけを聞く機会があった。
子どものころ、お父さんが紀州犬を家に連れてきてくれたのが動物との出会いだとか。
今は、架空の動物を描いているらしい。

今年はひょんなことから、高校生に小論文なぞを教えている。
大学受験生たちだ。
センター試験の過去問を解いてみると、
中学受験の方が難しいかも、と驚く。
使われていることばとか、人間の機微だとか、
もちろん大学受験の問題の方が深いけれど、
それでもやっぱり、中学受験の問題は年相応ではないなぁ、
とあらためて思う。

話を戻すと、
少し前に、「動物」をテーマに書かせる機会があった、というつながり。
なんとまあ、ざっくりしたテーマだろう。
というわけで、動物談義、動物連想ゲームなど、
いろいろやってから取り組んでもらった。

ほっとしたのは、
その場にいた高校生たちがみな動物好きだったということだ。
犬好きも多かった。
小学生の場合、けっこう犬が嫌い、飼いたくない、
という子どもが多いのだ。
理由を聞くと、
マンションで飼うことが禁止だからではなく、
「旅行に行けないから」という答えが返ってくる。
大人の受け売りだな、きっと。

犬と暮らす。
転勤が多かったせいか、考えたこともなかった。
子どものころに大きな犬と生きられるなら生きてほしい。
人生のポケットが豊かになるはず。

高校生が文章構成に悩むのにつき合っているうちに、
進化論の話になった。
あ、それは仮説なんだよ、
と説明してあげると、
目がまんまるになって驚いていた。
日本人は進化論が大好きだものね。
でも、もっとよくよく考えてみて。
大人になる前にいろんなことを。

e0165236_2230395.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2011-05-15 23:08 | ボーダーコリーのメル
<< うどんこ病退治と、落ち葉掃きの日々 まめ日和と雨上がりの庭 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル