下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
スカイプで英語を学ぶ
上映会は大盛況でした。豪雨で何かと大変でしたけど。なにしろこの教会は、スリッパに履き替える古いタイプの作りなもので。橘館のみなさん、とっても働き者で感心しました。
e0165236_23174418.jpg



5月も終わり。

進んでいるような、足踏みしているような、
忙しいような、静かなような、
3・11以来、この奇妙な感覚は今なお続いている。

恒例の母との春の旅にも、
今年はお互い腰が上がらないまま日が過ぎた。
知らない町に行くことが好きなのに、
今はまだこの町にとどまっていることが大切に思える。

ここにいるのに、
知り合いが少しずつ増えていく。
もともと知り合いだった人と、
以前よりも距離が縮まる機会も増えている。
これも震災によるところが大きいかな。

4月から英会話を学んでいる。
学びたいと思い続けてウン年。
思わぬところから道が開けた。
クラスメートは私を入れておもに4人。
これまた新しい出会いである。
とはいえ、スカイプを使っての学びなので、
直接会ったことはないし、
おまけに私はみなさんと初対面だ。
クラスメートは全員が牧師(しかも男性)である。
教会教職者向けの英語プログラムを担当している宣教師さんが
ふと、私を思い出して下さったらしい。
なんとラッキー。

知り合いではないみなさんと、
初回からして「ハーイ、○○」
と下の名前で親しく呼び合っている。
自己紹介も全部英語なので、
じつは2回目くらいまで、
クラスメートたちの背景がよくわからないままだった。
なにしろ、私がいちばんの落ちこぼれ。
みなさん英語圏の人たちと仕事をしてきた先生たちなので、
ぺらぺらぺらりとよく話せる。
それで私はつい無口になってしまう。
おまけにスカイプの使い方も初心者なので、
ときどき私が画像からいなくなる事件も起きる。
「ヨーコ、ヨーコ、どこにいる?」
「ヨーコ、ヨーコ、聞こえないよ。ハロー、ハロー?」
と誰かに英語で言われたりするのだ。

クラスメートの先生たちは、
九州と東北在住である。
東北の先生は仙台の教会にお住まいで、
被災地のボランティアたちが常時10人は滞在しているらしい。
当然、被災地支援の話になることも多く、
テキストのプログラムそっちのけにして
ついつい話し込んでしまう。
(と言っても私は聞いているだけ)。

前回、仙台の先生のブログを教えていただいた。
開いてみて冷や汗。
「retired pastor」だとはうかがっていたが、
なんと、81歳の先生でした。
人生の大先輩をつかまえて、
「ハーイ、○○」
と呼び捨てしていたとは。

これぞ英語のチカラ。

e0165236_2322153.jpg

雨上がりのジューンベリー。地植えにしたら実を結びました。ほんのこれだけ。

     ↓ ランキング参加中。下の文字を押して応援してくださいね!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ


東日本大震災緊急支援募金募集中。国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
[PR]
by Annes_Tea | 2011-05-30 23:25 | 牧師館で暮らす
<< 読書会の本を選ぶ 『墨田区京島3丁目』チャリティ上映会 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル