下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
八重咲きのインパチェンスと小さなお友だち
e0165236_233877.jpg


八重咲きのインパチェンスは、小さなバラの花のように見える。
その愛らしさに触れたくて、
ほんの少し指でつついてみると、
簡単にほろほろ崩れてしまう。
意外なほどに弱い。
雨が降ろうものならば、
地面にぼこぼこと頭ごと落ちてしまう。
まだ花びらは美しいのに。

そんな風にほろほろに崩れた花びらをてのひらで持て余している時、
近所の男の子がママと通ったので、
いる? と聞いてみた。
以前、まだきれいに咲いているバンジーを
花を増やすために剪定してる様子を見て、
かわいそう、と言った男の子だ。
その時は、切ったバンジーをブーケ風にまとめて手渡したら、
喜んで持って帰ってくれた。

この日も、笑顔と一緒に白い花びらを持っていってくれた。

初めて挑戦した八重咲きインパは、
成長するごとに、花首が強くなって落ちにくくなってくると聞いている。
となれば、これは今だけの小さな小さなおはなし。

e0165236_23543863.jpg



[PR]
by Annes_Tea | 2011-06-20 00:01 | 日々の庭と花
<< 犬の決定的瞬間? 被災地に送る本を選ぶ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル