下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ブログは夜書くにかぎる?
最近、メルが登場していないので。犬は毎日同じ食事でも文句を言いません。
e0165236_23585239.jpg


役者のたまごとベテランさんが遊びに来た。
話題はブログに及び、
何を書くかという話になった。
プロの役者なのでファンがいる。
それに、事務所もついている。
つまり、「公」のブログだが、
日々のことを書くから「私」のブログでもある。
公私のさじ加減をよくよく気をつけないといけない。
最初に自分の立ち位置を決める必要がある。
見せたい私で行くか、期待されている私でいくか。
新人さんの悩みどころは、
売り出すイメージを全面に出して「私」は控えるようにということ。
つまり演じて書くのだから、
これが日々のこととなると重荷になるかもしれない。
仕事と割り切る方法もあるが、
ブログにギャラが出るわけでもなく・・・。

一方、ベテランさんの方は、
ブログで人に伝えることは避け続けてきたものの、
時代のニーズを読み、
事務所の方針で始めることになったという。
役者としての実力も立ち位置もはっきりしている人だから、
「あなたらしく」と言われたそうだ。
彼女が自分で決めた方針は
「人の心を元気づけるようなもの」を。

わたしは役者ではないけれど、
このあたりはブログを始めるときに少し迷った。
牧師の奥さん、教会の先生、ライター。
どれも自分の役割だけど、
書くときの立ち位置は奥さんとライターを足して、
場合によってあっちこっちに移動すればよいと決めた。
教会の教職としてのわたしは、
ブログを書くときには少しだけ後ろに控えてもらっている。

ネット社会の中に入り込むと、
この立ち位置が周りとの関わりによって
ぶれてしまうことがある。
これはよくよく注意しておかないと、
思ってもみなかった感情を互いに引き出すことがある。

とくにフェイスブックをかじり始めて感じるのは、
この立ち位置がブログ以上に大切になってくるということだ。
何を目的としてだれとどうつながっていくのか。
このあたりを曖昧にしたまま友だちを増やしていくと
余計なものを背負い込むような気がする。
実際、息苦しくなってアカウント削除をした知り合いもちらほら。
わたしはかなり慎重に使っているので、
夫から見ればSNSに向いていないかも、だそうだ。
確かに。
でも、距離的に離れている人とやりとりできるのは
フェイスブックならではなので、
今のところは現状維持でいこうと思っているが。

役者の世界でも、
フェイスブックはそれなりに活発らしい。
新人さんが、大物さんとやりとりをたやすくできる。
ネットの中ではやすやすと関係性のハードルを越えてしまうわけだが、
実際には会ったことのない場合も多い。
撮影現場で初顔合わせをして、
「よろしくお願いします」のはずが、
新人さんの方はすでに大先輩と友だちのつもりでため口をきく。
これは御法度。
というのも、現実には何の人間関係も相互に積み重ねていないからだ。

というようなトラブルが増えている、という話を聞いて、
ふんふん、と考えさせられた。

「役者はネットを見過ぎない方がいい」と彼女は言う。

じつは、ちょうどインターネットとの付き合い方を変えようと考えていた。
それで、彼女のひと言がサインとなった。
ネットに関わる時間をうんと減らそうと思い始めていたのだ。
夜、ネットであちこちをチェックして回る。
夜回りみたいに、
知り合いのブログやらフェイスブックやら、ニュースやら何やら。
時間はあっという間に過ぎる。ああ、もったいない。
とくに就寝前にやると、眠りが浅くなる。ああ、愚か。

1週間、夜回りをほんの数分にしてみた。

その1週間で、夜、3冊の本を読んだ。
就寝前の祈りに集中力が増した。
キッチンのシンク周りの掃除の時間が増えた。
家族と仲良くしようという気持ちが強くなった。

理由はともかくこんな結果が出た。

うん。悪くない。

でも、ブログはときどき更新はしようと思っている。
やはりこれ、わたしにとって暮らしのチューニングだものね。

ただ、ひとつだけ問題なのは、
やはり夜の方が、ことばがカタチになりやすいところだ。
夜なのよ、夜。



     ↓ ランキング参加中。下の文字を押して応援してくださいね!
e0165236_07939.jpg人気ブログランキングへ
















..... Ads by Excite .....
[PR]
by Annes_Tea | 2011-09-26 00:05 | 牧師館で暮らす
<< 近江八幡、ヴォーリズ建築をめぐ... 絵本カフェに出会う >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル