下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
近江八幡、ヴォーリズ建築をめぐる旅 ♯1(プロローグ)
e0165236_22193289.jpg近江兄弟社学園の塀は、子どもたちの目線の高さに、十字架ののぞき窓がたくさん。こういう優しさがヴォーリズなんですね。



この夏、思い切って近江八幡を訪ねた。
3年前のヴォーリズ生誕100周年以来、
一度は訪れてみたいと思っていたまちだ。

ヴォーリズについては書きたいことがたくさんあるけれど、
ネット時間の短縮を志したばかりなので少しだけ。

数年前まで、ヴォーリズという人をまったく知らなかった。
初めてその人の名前を目にしたのは、
教会に毎月送られてくる『湖畔の声』という小冊子だった。
(日本で発行が続いているものとしては最古の雑誌だと聞いている)

どのようなつながりで送られてくるのか今となっては誰も知らないのだが、
とにかく毎月毎月、ヴォーリズの人となりや業績について書いてあるので、
わたしの中で、彼は親しい人となっていった。
明治時代、アメリカから日本宣教を志し、
紆余曲折を経て建築の仕事を始めた。
その建築の数たるや、相当なものなのだとか。
東京では明治学院のチャペルとか、山の上ホテルとか。
メンタームで知られる近江兄弟社の創設者でもあり、
日本に帰化もしている。
プロフィールのひとつひとつに物語を感じて、
いつかゆっくりその人について知りたいと思っていた。

ただ、近江八幡というまちがあまりに遠い響きで、
さあ、行くぞ、という気持ちになれずにいた。

ところが、
この夏、なぜかこの夏なのだわ、と強く思い立って重い腰を上げた。
まあ、だいたい、旅というのは、そういうたぐいのものかもしれない。
なぜかそのまちのことが気になって、えいやっという時が来るというか。
震災以来、東京をなかなか離れる気持ちになれずにいた、
というのも影響しているかもしれない。

実際には近江八幡はまったく遠くなく、
新幹線で米原まで行き、そこからJR琵琶湖線で20分ほど。
以前、同じグループの関西の教会と関東の教会の集まりを
近江八幡で開いたことがあると聞いている。
そのくらいの集まりは開けるくらいのまちである。
駅前には、大きなスーパーやビジネスホテルもある。

ただ、わたしが知りたい近江八幡はいわゆる旧市街というところ。
観光案内所に訊ねるとバスで10分程度とのこと。
うん、遠くない。

今回、少し風変わりなところに宿をとった。
100年を超す酒蔵を工房と民宿に改造し、
まちづくりの拠点として活動を行っている場所だ。
宿を切り盛りしているリーダーさんの都合で、
泊まれたり泊まれなかったり。

e0165236_2229148.jpg宿の食堂


そんな具合なので、
行く前からメールであれこれやりとりをした。
ヴォーリズ建築を見に行く目的というのを心にとめて下さっていたようで、
宿に着いてみると、
ヴォーリズ建築の保存活動やら何やらに携わっている方がわたしを待っていた。
ええ?!
これからヴォーリズ建築の住人さんの一人と会合があるから、
家の中も見せてもらえるかも、と言う。
ええ?!
さあさあ、今日のうちに自転車で回れるところを行きましょう、とも言う。
ええ?!

というわけで、
初対面のヴォーリズ通の方の後を追って、
近江八幡に到着したばかりのわたしは、
せっせと自転車で初めましてのまちを走ったのである。

だから旅は面白い。

(それにしても、近江八幡のホスピタリティはすごいです。
さすが近江商人発祥のまちです。
墨田区も観光都市を目指したいならば、
あのおもてなしのココロが必要ですぞ)

e0165236_22293951.jpg宿の台所。古い建物に入ると、友だちに会った気分。大鍋の上のカマが気になりますが、なんと食事作りの直前に、宿のリーダーさんが畑まで野菜を収穫に行くという新鮮さ。途中まで一緒に自転車で行きました。


明治、大正期の情熱溢れるキリスト者の話は興味深いです。
琵琶湖をガリラヤ湖に見立て、ガリラヤ丸という小型船に乗り、
着いた先々で自転車に乗って宣教していたというのですから。
元祖、自転車部でもありますね。
時間のあるときに、建築の写真をアップしてみます。
[PR]
by Annes_Tea | 2011-09-30 22:47 | まちを歩く
<< 『モモ』、時間泥棒に奪われた日... ブログは夜書くにかぎる? >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル