下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
60人分のカレーの夜
e0165236_1921514.jpg
墨東まち見世2011クロージングパーティでも大活躍した妄想くん。今年は一日限りの自転車部カフェでしたが、アンコールにお答えして有志の部員たちで出店しました。会場は現代美術製作所。こちらのディレクターさんも、ついに幽霊部員から、正式部員となりました。増殖していく自転車部はどこへ? 春までムーミンのように活動は冬眠となりそうです。来年は荒川河川敷からスカイツリーを眺めてのサイクリングなどしてみたいな。


3年前に始まった「墨東まち見世」。
2011年度のメイン期間が終わった。
12月から3月まではアーティスト1名を招聘し、
ゆるゆるとまちとアートの展開はこれから100日間続いていく。

墨東まち見世って何?

こう言われても、
参加している私たちですらうまく説明できない。

墨田区をフィールドに、
まちと人がアートを触媒にしてつながっていくという感じだろうか。
いちばんの主催は東京都と墨田区だけど、
実際に動いているのは
わたしたち住民と、
住民以外のボランティアさんたち。
とくに忘れてならないのは
建築やアートなど何かしらまちを学ぶ大学生たち。

通じる思いはなんだろう?

楽しいから。
面白そうだから。
真っ先に来るのはこのシンプルな気持ちかな。
一人ではできないけれど、
みんなでわいわいやれば何とかなるかも。
このあたりは強い動機になっているはずだ。
人が集まっていくうちに、
知恵や発想や助けや、なんだかんだと力が集まる。
“持ちつ持たれつ”
これが墨東界隈で発信していくときのキーワードかもしれない。
人を自分の思惑のためには利用しないこと。
でも、人に助けてもらう。そして助けてあげる。
みんなでできることをしていく。

自転車部もまず、参加するかどうかから議論した。
面倒なのはわかっている。
でも、せっかく猛暑でヒートしたかき氷自転車人気だもの、
まち作りに関わらなくてどうする。
とまあ、それほど熱い議論ではなく、
いつものようにゆるゆると参加が決まり、
追い込みは激しく、なんとかカタチとなった。

そんな同時多発的なイベントが、ひとまず終わり。

成功と言えるほど成熟した内容ではないが、
昨年に比べると、
イベントに関わっているお互いに、
隣人の感覚が狭まったような気がする。

課題はいつも同じだ。
それ以外の住民には、
このアートイベントはさほど知られていないということ。
まだまだ。
内輪にならないように、
と周りからも言われる。
年輩者からは、
みなさんのアートは自己満足に過ぎない、
なんて声もある。
でも、まずは内輪のつながりが強まって、
互いに信頼できるとわかってこそ、
周りへと広がっていくのではないかな。
後から口で批判するのはカンタン。
わからないなら、
わかろうとすることが大切なんじゃないかな、と思う。
一人一人、
プロセスに関わっていくことで、
初めて同じところから見えるようになる。
傍観者、お客さん意識は、どんなチームでもいちばん困る。
いえいえ、憤っていません。
ただね、どんな集まりでも、そういうこと。

ゆっくり、ゆっくり。
人と人とのつながりは急いではいけないのだ。
そして、ほんの少しでいいから自分のできる範囲で汗水流してみる。

いつも墨東の端っこで、
向島の地図にも切れてしまう場所にあるこの教会だが、
今年はより気楽に、
この期間中、場を何度か提供することができた。
個人的に面白かったのは「墨東キリシタン史」と
アーティスト・谷山恭子さんを迎えてのシンポジウム。
まち歩きのことは、
またあらためて書きたいことがたくさんある。
新聞で紹介していただいたおかげで、
当時を記憶する年輩の方々から、
日々、手紙をいただく反響の嬉しさ。

会堂の第一の目的は礼拝を捧げることだけれど、
下町のコミュニティのひとつとして、
これからもまち作りやアートと関わっていきたい。
これもまた、慌てず、焦らず、祈りつつ。

e0165236_193499.jpg

パーティでは60人分のミニカレーを振る舞いました。今回のシェフは夫です。大量調理は得意技。学生のころ、大島にあるキリスト教キャンプ場の厨房でスタッフをしていましたからね。教会には大鍋も完備。まち作りのお役に少しでも立てて何よりです。
[PR]
by Annes_Tea | 2011-11-24 19:13 | お茶と料理、ときどきカフェ
<< 遠くまで来た まち見世さんぽ「知られざる墨東... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル