下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
お正月のひたし豆/数の子と青豆
*レシピは最後にあります。
e0165236_1275782.jpg


数の子をいただいた。
忘年会で隣り合わせた方に、である。

年末、店頭で数の子を見かけると、
その姿かたちにうっとりして、
つい衝動買いしてしまうのだという。
でも、あのコリコリした食感が苦手なので、
自分ではいっさい食べず、
その年お世話になった人に全部振る舞ってしまうのだとか。
数の子サンタですね。
私もそのひとりに加えていただいた、という次第だ。

ちなみにその人は男性です。
大学でガラス工芸を学んだというから、
もしかすると、
数の子の美しさとガラスには、
何かつながりがあるのかも。
アートの人は面白いです。

というわけで、
母がよく作ってくれたお正月料理に挑戦した。
じつは数の子の塩抜きからして初めてのこと。
クリスマスで全力を出し切るから、
基本的におせちというのは作らない。
筑前煮とだし巻き玉子と煮豆くらいを用意して、
元旦礼拝の後、ひとり暮らしの人に少しだけお土産というのがパターンだ。
今回は、数の子も加わって少しは豪華かな?

「お正月のひたし豆」
●作り方
e0165236_1161742.jpg

1 数の子は、塩抜きする。薄い塩水でしばらく漬けた後、何度か水を換える。時間があれば、薄い塩水に一晩つけておくと、風味よく塩抜きできる。ちなみに、塩数の子は、冷蔵で一年近く保存可能だとか。(試したことがないので真偽のほどはわかりませんが)

e0165236_1221794.jpg

2 青豆は一晩たっぷりの水に漬け、塩小さじ1を加えて、そのままやわらかくなるまでゆでる。今回は1袋200gのものを、ル・クルーゼの鍋で50分ほど。ゆだったら水にとって冷ます。

3 保存容器に数の子をちぎって入れ、青豆と合わせ、だし1カップ、酒・みりん各大さじ1、しょうゆ大さじ2を温めて加える。味がしみたら出来上がり。

*母に電話で聞いたところ、だし汁にしょうゆを数滴たらすくらいでも十分だとか。私はもう少し濃い味が好きなので、いろいろ入れてみました。味つけはお好きにどうぞ。

*クックパッドデビューしてみました。
ブログをコピーするのも面倒なので、自分のためにも便利です。
みなさんにもお裾分け。クックパッドからだと印刷しやすいので、ぜひ作ってみてください。

Cpicon お正月のひたし豆 by 牧師館のお茶会
[PR]
by Annes_Tea | 2011-12-31 01:32 | お茶と料理、ときどきカフェ
<< 今年の漢字は「実」 犬の気持ち >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル