下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
今年の漢字は「実」
e0165236_17121534.jpgお正月、私の実家で久しぶりに全員集合となりました。義姉からもらったリヤドロのお祈りをする天使。愛らしい。


みなさん、どのようなお正月ですか?

元旦が日曜日というのはよいですね。
ここ墨田に帰省してくる方も交え、
教会の家族たちと礼拝し、
持ち寄った帰省土産やら、
恒例となっている牧師のお雑煮やらで、
おしゃべり、おしゃべり。
これまでなかなか元旦礼拝には出られなかった方々も、
日曜日ということで初参加。
「大変よい一年の始まりでした」
とにこやかに自宅に帰っていかれる高齢の方々を見送って、
さて、わがやのお正月という順番。
こういう一つ一つが愛しいと感じられるほど、
私も余裕が出てきたのかな?

e0165236_17521252.jpg単身の方へのミニおせちもどきのお土産。いつも同じ内容ですが、今年は数の子入り! 年末年始は、単身の方には少し気持ちが揺れるときでもありますから、元旦礼拝後の交わりはとても大切なお正月行事だと個人的には思っています。


さて、今年もゆるりとブログを続けていくつもりです。
いつも読んでくださるみなさん、今年もよろしくお付き合い下さい。
新しく読んでくださるみなさんとは、初めまして。
「毎週読んでいます」と、時々言われるので、
何かな? と思っていたところ、
いつのころからか、週に一度の更新パターンとなっていたとは。
本人は気付かず。
これは暮らしと気持ちのパターンゆえですかね。

クリスマス愛さん会で、2011年を振り返りつつ、
2012年の信仰の抱負などを一人一人が語った時,
「同じがいちばんです」
と話して下さったのは教会の最高齢の方。
若い時は、毎年同じではどうなるんだろう、
と焦った時期も長かったそうだ。
でも、さまざまに体験した今は、
同じを繰り返すことのできる幸いをかみしめていると話してくださった。

同じ、と言っても、
それに向き合う心の態度が違えばまったく違う風景が見えてくる。
そして、不思議なことに、
心の態度が変われば、人と人との関係も変わり、
さらに新しい出会いが生まれる。
これは実感としていつもある。
同じだけど違う。だからいつの間にか前進している。

個人商店を経営している方が、
何十年とパターン化していた接客態度を変え、
ここも宣教の地であると受け取り直したところ、
同じなのに違うというこの真理を体験しているそうだ。
「もしてかしてクリスチャンですか?」
と言われることもあり、
接客に感激され、お手紙をいただくことまであるという。

パターンがルーティンになると、
形骸化して力がなくなる。
同じことであっても、いつもそこにいのちがあることがポイントかな。
デボーションも祈りもしかり。

さて。
通例にしたがって、
今年の漢字を受け取ろうと思い、
年末から思いめぐらしていた。
2011年は「喜」。
震災の年に? うん、だからこそという結果となった。
喜びえないときに喜ぶ。
泣く者と泣き、喜ぶ者と喜ぶ。
2012年はこれ、と思いいたり、
元旦礼拝を捧げる中で、
あらまあ、夫も同じ思いが与えられているのだわ、と気付いた。
これもいつものパターンだけど。
クリスチャンの夫婦が同じ思いになるのは当然かな。
イエスさまの傘の下、ともに暮らしているのだものね。

「実」。
これが今年の漢字だ。
耕し、種を撒いてきた長い時を経て、
実を結ぶ季節がきたと感じている。
どのような形での実かわからないけれど、
荒野に花が咲くと本当によい。
いや、もうここは荒野ではなくなっているのだろう、きっと。

e0165236_17565649.jpg新年にはメルの写真を撮るのもパターン。ゆっくり散歩に行けますからね。


e0165236_17591347.jpgかなりご機嫌。


e0165236_180199.jpgお正月の荒川河川敷から見るスカイツリーはこんな感じ。5月に開業。今年の墨田はどうなるかな? 


e0165236_1852321.jpg私はメルの横顔の写真が好き。こればかり撮るのもパターン。

[PR]
by Annes_Tea | 2012-01-03 18:06 | ボーダーコリーのメル
<< 主は私の羊飼い お正月のひたし豆/数の子と青豆 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル