下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




emoticon-0154-mail.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
主は私の羊飼い
これはわがやの羊飼い。
牧羊犬とはいえ、残念ながらここ墨田では、
ムクドリやハトを追い回すことしかできません。
e0165236_23263587.jpg


よい新年の幕開けだったけれど、
2週目に入るや、忙しい、忙しい。
おまけに、原稿の締切りを忘れていて、
こんなブログを書いているのが見つかったら編集さんに呆れられるかも。

2か月近く休んでいたスカイプでの英語クラスに
来週から本格復帰する予定なのだが、
それには詩編23編を暗唱せよ、とのお達し。
初級と上級クラスしか開講できなかった関係で、
アドバンスの落ちこぼれとなっている。

というわけで、
洗い物の際や、お風呂の中や、電車での移動中に
せっせと諳んじている。

詩編の新改訳とNew King James Versionをメモ代わりにアップ。
内容のないブログ更新にて失礼。

Psalm 23
New King James Version (NKJV)

Psalm 23
A Psalm of David.
 1 The LORD is my shepherd;
         I shall not want.
 2 He makes me to lie down in green pastures;
         He leads me beside the still waters.
 3 He restores my soul;
         He leads me in the paths of righteousness
         For His name’s sake.
         
 4 Yea, though I walk through the valley of the shadow of death,
         I will fear no evil;
         For You are with me;
         Your rod and Your staff, they comfort me.
         
 5 You prepare a table before me in the presence of my enemies;
         You anoint my head with oil;
         My cup runs over.
 6 Surely goodness and mercy shall follow me
         All the days of my life;
         And I will dwell in the house of the LORD
         Forever.
   
詩篇23篇(新改訳版)
23:1 主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

23:2 主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

23:3 主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。

23:4 たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

23:5 私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。

23:6 まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。


e0165236_23354052.jpg

世界一大きい犬種のアイリッシュ・ウルフハウンド。犬旅で泊まった宿のホスト犬です。これで2歳。かつて、アイルランドの農民は、この犬によってオオカミから家畜を守ってもらったのだとか。今では稀少な犬種となっています。立ち上がると飼い主さんよりも大きくてびっくり、メルも目を丸くしていました。小型犬は、騒然となって、ひっくり返りそうでした。でも、穏やかで甘えん坊なんですよ。静かに触らせてくれました。

e0165236_1183423.jpg

ふわふわ。かわいいのでもう一枚。犬に全然ピンが合っていないところに、私の動揺が表れていますかね。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-01-13 23:43 | ボーダーコリーのメル
<< 病いと向き合う 今年の漢字は「実」 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル