下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ウクレレとなすとフェイスブック
玉ノ井カフェでのウクレレ教室は大盛況でした。あまりの忙しさに一枚も当日の写真が撮れず、すべてが終わった後で、外からカシャッ。(と、私のデジイチは音がする)。格子戸が素敵なのですが、向い側の生活感あふれる風景が映り込んでしまうんですね。難しいので諦めて、とにかく初回の記念に。
e0165236_23272129.jpg


ブログになかなか向かえない。
なぜかな、と思ったら、フェイスブックだった。
わずかな空き時間に、
ニュースをチェックしつつ、
さっとひとこと、近況報告。
ついでに「いいね!」を押して同意。
このところ、そんな使い方になれてしまったら、
それよりはずっと時間を使うことになるブログまで手が伸びにくい。

FBは基本的に知り合いだけとやりとりをしている。
とは言え、牧会で関係のあるかたともやりとりしていない。
身内には照れるから、
と自分の教会の人に言ったら納得してくれた。

友人といっても、範囲はどんどん拡散していく。
今のところ、少なくともリアルな場で、
共有した時間を持ったことのある人とだけつながるようにしている。
かなり慎重なほうだと自分でも思う。
でも、と思うのは、
使っているうちに、
「友達」の範囲がぶれてくるところだ。
リクエストをいたただく相手が、
私の考える範囲と違う場合も増えている。
今のところ範囲を広げない方向で使っているので断ることになるのだけど、
なんだかそれも申し訳ないような・・・。
割り切って「広報」として使うか、
あるいは「名刺ホルダー」として使うか。悩ましい。
友人でもある牧師は教会の連絡網代わりに利用しているそうだ。
だから彼女の場合は、
FBに個人的なことを書かないと言うが、
そうなると私にとっては物足りない。
公私のさじ加減。
このあたりは、情報の扱いになれていないと振り回されかねない。

ブログの場合、
基本的にお目にかかったことのない場合がほとんどなので、
反応のなさを含めてかなりFBとは違う。
それでも、少しずつ共通のものを感じ取り、
距離を縮めていく感じが好きだ。

こんなだらだらしたことを書いているのは、
昨日のウクレレ教室初回が無事に終わった高揚感と、
明日の読書会のための
『完訳・ハックルベリー・フィンの冒険』
を読み終わった解放感が影響しているかもしれない。
美大受験も終盤となり、幾人かの合格も知らされ、
また、祈り続けていた友人の手術が無事成功し、
教会総会は和やかに終わった。
よい結末が続いた週だった。
春の兆しもちらりほらり。

一昨日は、花壇の花を春色におめかしした。
イースターを前に、ピンクと淡い紫と白でまとめてもらった。
雪でだめになったビオラとパンジーは、
奥に移動してメンテナンス中。
もっともっと気候がよくなれば蘇るはずだ。
イースターの奇跡は、植物にもきっと。

e0165236_064438.jpg

江戸野菜の寺島なすを復活させて、このあたりのまちおこしに一役買ってもらおうというプロジェクトも進んでいます。なす会議なるものに、私も参加させてもらっています。今年は「墨田」というよりも、より地元界隈のまちおこし(しつこいですが、まちづくりではない切実さ)に関わる年となりそうです。

e0165236_093277.jpg

ウクレレ教室でコーヒーと一緒に提供したお菓子も寺島なす入り。餡に練り込んだ力作です。4月から作付けをして、この夏は寺島なすの花があちこちに咲くことになる予定です。教会のエントランスにもなすゾーンを作ろうと思っています。和洋折衷ですね。

e0165236_0121475.jpg

玉ノ井カフェでのウクレレ教室は、月に一度、私と夫の休みの日に行うことになりました。まちおこしのため区報に掲載していただきましたので、発行日にどっとお申し込みの電話がきました。受け付け先となっている工務店さんも大変だったことと思います。お煎餅屋さんや、鉄工所の社長や、八百屋さんなど、まちの商店で力を合わせ、私も自転車で図書館巡りをしてチラシ配り隊となりました。ブログやツイッターやFBも利用しましたが、まだまだ区民には区報の影響がいちばんなのですね。個人的には何よりもお祈りの援軍が大きかったかと思っています。定員がオーバーし、最後には泣く泣くお断り。ごめんなさい。空間が狭いので20名が限度なんです。来月からはゆとりを持つため15名に縮小することになりそうです。当日はスタッフを合わせると30人近くが出入りし、そのうえケーブルテレビのカメラまで入り、熱気むんむんでした。初心者コースらしく、3コードを練習して、最後はみんなでハッピーバースデーを合奏しました。外から聴いていた受け付けの方が、「素敵だった!」と。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-02-25 00:46 | まちづくり
<< ハートのペンネサラダの作り方 すばらしいゆずりの地 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル