下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
イースターの花準備
今朝届いたオリエンタルリリー。今年はいわゆるイースターリリーが高いそうなので、安くて花付きのよいオリエンタルリリーで手を打つことにしました。

e0165236_23392223.jpg


毎年、イースター当日よりも数日後に満開となるのが口惜しい。
その話をお花屋さんにすると、
「やっぱり教会は寒いんですね」と言われた。
ユリが長持ちするからだと思っていたけれど、
そうか、つまり教会の室温が低いせいなんだ。

早々につぼみでいただくことにしたのは、
1週間をかけてつぼみが開き、
次の日曜日に満開になると見込んでのこと。
今のところ、まだ何の香りもしない。
硬い表情で、だんまりを決め込んでいる。
じつは今週は墨田を数日離れるので、
毎日観察できないのが残念。
帰ってきた時にはきっと、
会堂はむせかえる香りに包まれているはず。

日中の暖かさに、
気持ちも植物もゆるむ。
少しずつ庭仕事に思いが戻ってきたような。

ようやく、春。

e0165236_2353073.jpg

イースターと言えば、どうしても黄色を飾りたくなります。ラナンキュラスとフリルパンジー。

e0165236_23542892.jpg
e0165236_23541717.jpg
e0165236_2354611.jpg

年々種類が増えていくフリルパンジーは、教会花壇のお助け隊。

e0165236_23555068.jpg

今年はクリスマスローズの失敗年でした。昨年刈り込んで花付きがよくなったので、調子に乗り過ぎたようです。かろうじて咲いたのがこれ。

e0165236_2357269.jpg

通り沿いの花壇も、少しずつさまになってきたかな?!

(以前の記事)イースターエッグの作り方はこちらは
[PR]
by Annes_Tea | 2012-04-02 00:03 | イースター
<< イースターの一日 地元のみなさんとイースターエッ... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル