下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
寺島なす、実る
e0165236_2136014.jpg

江戸野菜の寺島なすがついに実った。
と言ってもまだ2つだけ。

この季節は、一晩ごとに、ぐん、と大きくなっていく。
ヘタ下の白い部分が一日分の成長を表しているそうだ。
日中、太陽に当たって白い部分が紫色に変わる。
そしてまた一晩で成長して、
朝には白いところができているというサイクルだ。

先週は玉ノ井カフェで寺島なすの剪定教室を開催した。
墨田区の食育イベント、環境フェアへの出品と
なすイベントが目白押しだ。
実際にはまだまちおこしというほど、
地元の人に知られているわけではない。
それでも、メディアで少しずつ取り上げてもらったりするなど、
まずは周りから関心が集まっている。

いつでも、初めてのことは、
近くの人には受け入れてもらいにくい。
まずは周り。そして、最後が近場。
この原則はイエスさまが福音を伝えた場合にも同じだった。

人が何かのよさに気付くには、
「距離」が必要なのかもしれない。
でも、よいものはじつは身近にあるというのも真理なんだけど。
私はこのまちで暮らしてこう思うようになったかな。

好意を持って見るとき、
同じものが違って見える。
これに気付くと人生はもっとラク。
最近の私の課題は「もっともっとリラックスしよう!」でして。

e0165236_21464764.jpg

庭の白いちじくも初生り。この季節の庭は楽しい。
[PR]
by Annes_Tea | 2012-06-24 21:52 | まちづくり
<< 寺島なす、ついに収穫 食の本の読書会で集まった本たち >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル