下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
寺島なす、ついに収穫
e0165236_19434075.jpg


初めて収穫した寺島なすはこんな姿。
ころりとして愛らしい。
江戸野菜なので、品種改良されておらず、
このまま実らせていくと硬くなる一方なのだとか。

今のなすは品種改良を重ねているので、
どんなに大きくなっても、
種が出ず、柔らかいまま。
でも、江戸野菜はいわば人の手がかかってない原種のようなものなので、
一見、大きく立派に思えても、
そのまま実らせ続けていると、
結局、種だらけとなり、
最後には石のようにかちんかちんになるのだとか。
何やら人の品性の話を聞いているような。
植物を育てると、聖書のたとえ話がよく理解できるな、といつも思うこと。
種蒔きのたとえだとか、剪定の必要性だとか。
見た目ばかりの張りぼて人間にならないようにね。

朝穫りを畑のない墨田区で食べられる贅沢。
と嬉しがりながら、たっぷりのオリーブ油で炒めてみた。
多めのオリーブ油の中で泳がせながら、
じっくりじっくり油を吸わせていく。
そして塩、こしょうをばらり。
皮が硬めなので、油を使った調理法が適している。
なすの香りがふうわりしたおいしさ。いける。
天ぷらによさそうだ。
やはり、昔ながら食べ方が、いちばんよいのかな、
と思いながら、チキンカレーのトッピングとしたのでした。

ここで直前ながらお知らせ。
今週は水曜日に、寺島なすの試食会が玉ノ井カフェで行われます。
ぜひ遊びにおいで下さい。

日時:7月4日(水) 第一部 14〜16時 
  『キッチンの宝物!? 生ゴミから堆肥を作ってみよう!』
講師:会田節子氏(NPO法人農産物普及堆肥推進協会事務局長)
参加費:無料 先着20名様


         第二部 16〜18時
   『寺島なす試食会と料理法探求』
監修:EAT&ART TARO
参加費:1000¥(材料費) 
*事前に要予約(玉ノ井カフェ事務局tel03(3614)6301(株)牛久工務店内)

詳細はこちら→寺島なす復活プロジェクト

e0165236_1944340.jpg

[PR]
by Annes_Tea | 2012-07-01 19:51 | お知らせ(イベント他)
<< 寺島なす、水なす、長なすを食べ比べる 寺島なす、実る >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル