下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
3・11にイースターリースを飾る
e0165236_2015919.jpg

今朝、イースターリースを飾った。
3・11。復活の希望を祈った。

2年前にもちょうど今ごろ教会の玄関に取り付けたので、
あの日、飾りのたまごがいくつも割れた。

遥かクロアチアからたまたま来ることになっていたヴァイオリニストのSさんと、
どうしよう、電車も走らないかもしれないし、
教会での演奏は取りやめようかとやりとりした挙げ句、
被災地のためのとりなしの祈りカフェに急きょ内容を変えて、
3月半ば、この会堂でアーティストカフェを開いた。

あれから地域の人たちと、
またさまざまなクリスチャンの女性たちと、
ものすごい勢いでつながっていったような気がする。
つながろう、つながろう、
とだれもが思っていたような気がする。

そして今。
どうなのかな?
くるりと見回すと、
墨田にはスカイツリーなんぞがそびえて、
人の流れも、人の気持ちもずいぶん変わったような気がする。
単につながる、
というよりも、
今いるところで深めていこうという感じというか。
要するに根っこの問題。

昨年、Sさんとは、やはりクロアチアから来た宣教師の先生と一緒に、
福島の仮設住宅を訪問することができた。
福島というと、私の中でクロアチアとつながる。
クロアチアのヴァイオリニストSさんの演奏で、
仮設のみなさんと美空ひばりの「川の流れのように」を歌った。

今日は夫は神戸の長田にいる。
長田は阪神淡路大震災で被害の大きかったまちだ。
長田のクリスチャンたちもみんなで祈っているのだろうな。

世界中で祈っている。
こういうのを本当の「つながる」と言うのではないかしら。


e0165236_2016545.jpg

会堂の本棚の上にある祈りのボックスの前にあるポップにも、イースター風に小鳥をあしらってみました。小鳥が付いた途端、祈りのリクエストを入れる人が増えたような。なんだろ?

e0165236_20183961.jpg

12月から咲いていた早咲きのクリスマスローズ。さすがにもうだめになってきたので、切り花にしてこれもイースター風にちょこっとアレンジ。



News! 新刊本、増刷できました!

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


★プレゼント本として好評です。イースターのお祝いや洗礼祝いとしても人気だと聞いています。ふだん聖書を読んだことのない方でもリラックスして読める内容なので、喜んでいただいています。
★電話での購入は、いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
★いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-03-11 20:23 | イースター
<< 目覚める前のイースターリリー 『こころのごはん』再版のお知らせ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル