下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
グランドカバーの植物を選ぶ
庭の話の続き。

e0165236_23484997.jpg

いつの間にか庭中で見かけるようになったグレコマは、
グランドカバーとして重宝している。
最初は斑入りだったが、今ではすっかり緑一色だ。

e0165236_2351940.jpg

これがリッピア。別名、ヒメイワダレソウ。
じつは、2度目の挑戦なのだ。
一度目は、梅雨のあたりに増え広がり、
しめしめと思っていた。
ああ、それなのに。
途中で妙に葉が大きくなったのがいけなかった。
雑草かと見間違え、
ある日、全部抜いてしまってそれっきり。
今回は根付くまで我慢しないと。

e0165236_2356673.jpg

たとえば、こんなところに植えてみた。
アイビーだらけだった切り株の周りを整備してリッピアで取り囲む。
両者が融合するころには、
ニュアンスのある場が出現する予定なんだけど。
思惑通りにいくかしら。

e0165236_23594344.jpg

建物の際にもこの通り。
かちんこちんの土でも根付きますように。
リッピアとつき合うときは、いつも実験感覚だ。

e0165236_002376.jpg

教会側の庭に植えたシルバープリペットは花芽がこんなにたくさん。
年に一度の白い小花の季節が来る。

e0165236_014179.jpg

花壇のビオラもまだまだ元気。

e0165236_0316.jpg


庭に立つと、緑の匂いがする。それだけで嬉しくなる季節。



News! テレビ番組「ライフ・ライン」で『こころのごはん』とpray&hopeプロジェクトについて話しました。2週連続で放映されます。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


★プレゼント本として好評です。ふだん聖書を読んだことのない方でもリラックスして読める内容なので、喜んでいただいています。クマのプーさん、赤毛のアン、ハイジ、ムーミンなど、子どもの本の主役たちがときどき出てきます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-05-06 00:19 | 日々の庭と花
<< 雑司ヶ谷宣教師館を訪ねる 小さな工夫で庭を新しくする >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル