下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ことばをひらく
News! テレビ番組「ライフ・ライン」に出演しました。5月4週目の放映は『こころのごはん』執筆のことを中心に話しました。6月1週目の放映では、pray&hopeプロジェクトなど女性支援や私自身のことなどを話します。今度の土、日の朝に放映されます。

e0165236_23593793.jpg撮影風景です。教会の一角にある小さなカフェコーナーを少しだけ模様替えして使いました。5月の放映を見た方によると、この小さな会堂が雰囲気よく映っているそうです。実物以上なのはプロのチカラ。


それにしても、と思うのは、
話すよりも書く方がよほど気が楽だ。

あふれる思いがことばとなって、
いつでも心のふちまで詰まっている。
どこかを少しでも押されると、
出てくる、出てくる。
ことばにことばを重ねていつしか迷走してしまう。
やれやれ。
簡潔に的確に話したいのだけど。

アメリカ人の友だちに、
「ヨーコの日本語は、詩を聞いているようだ」と言われたことがある。
これはほめことばというよりも、
つまり、わかりにくいということなんだろうな。
その友だちは語学の達人で、
英語、日本語、ポルトガル語、スペイン語を自由に操る。
メールだって、じゃんじゃん日本語で書く。
だから、私の複雑になりがちな日本語も、
本気で面白がって聞いてくれる。
でも、こういう人は例外だ。

子どもたちと話すときは、短く具体的に。
複文にしない。主語述語の間を短くする。
なんてことはない、
わかりやすい文を書くときと同じ心がけでいればいい。
外国人と話すときも同じだ。
自分の話しことばをそんな風に意識すると、
いかに自分が熟語多用派なのかと思い知らされる。

ことばを開くこと。
熟語をひらがなにすること。
先日も、フィリピン人の中学生に、
へ? は? と何度も聞き返されてしまった。
あわわ、また熟語にしちゃった。頭をかいて説明し直した。

『こころのごはん』を執筆するときは、
ふだん以上にことばを開くことを心がけた。
まだ見ぬ友だちに手紙を書くような気持ちで。
文章書きとしては、
「だ、である」体が基本、甘さのない文体を使う。
長文になると、静謐だとよく言われてきた。
でも、今回はあえて「です、ます」にした。
いくつもいくつも書いていくうちに、
それはリズムとなって体になじみ、
わたしの文体のひとつとなった感がある。

e0165236_10324211.jpgフィリピンの有名なお菓子。食べてみると、落雁とちんすこうを合わせて2で割ったような。いけます、これ。

先月から、夜、フィリピン人のクリスチャンと聖書の学びをしている。
話すのも聞くのもかなりのものだが、
読み書きになると難しい。
在日外国人の方たちには多い悩みだ。
日本人になるとこの状況が逆転するのも面白い。

英語と日本語のバイリンガルのテキストを使っている。
だからテキストは英文を読み、
聖書はタガログ語で読んでもらい、
やりとりはほぼ日本語、ときどき英語。
わたしはタガログ語をいっさい理解できないので、
間違った聖書箇所を読んでいてもわからない。
「あれ、ヨーコ先生、質問の答えがこの聖書にはないよ」
なんて言われてみて、
あ、違う箇所を読んでいたね、と気づいて爆笑ということもしばしば。

三か国語をチャンプルしながら、
同じ聖書のことばを理解しようと互いに心を尽くしていく。
そこにはことばにはならない一致が生まれ、
そして神の愛の深さ高さ広さを共に味わった者が知る、
満ち足りた時間が残っていく。

一日の仕事で疲れていたことも忘れて、
ああ、今日もハレルヤだったね、
と互いに目と目を合わせて別れる。
彼女は「ごめんください」と必ず言う。

こころのごはんは、やはり共食が楽しい。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


★再版も売れ行き好調、プレゼントに人気です。こころの中のかたまりが、ほろほろほどけていくようだと言われました。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさんなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

★電話での購入は、いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
★いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-05-25 00:09 | お知らせ(イベント他)
<< 軽井沢に集う 雑司ヶ谷宣教師館を訪ねる >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル