下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
ウクレレと和菓子
ほおずき
e0165236_073725.jpg


今年も地元のコミュニティ・カフェで、
月に一度だけウクレレを教えている。
教えるのは夫で、私はもっぱら生徒さんが楽しく通えるように、
ファシリテートする係である。

人結びの役割を、
最近では「コネクター」とも言うらしい。
あの人とあの人を出会わせたら面白そうだな、
とふとひらめいて、そんな機会を意識的に作っていく。
うーん、これ、編集的な発想だ。

つながりのなかったものを、
だれかが結び合わせたとき、
新しい何かが生まれる。
ネットやスマホのおかけで、
簡単につながれるようになった。
でも、継続、発展していく関係になりうるのは、
やはり顔と顔を合わせてではないかな。

ウクレレと和菓子。
今年はこんな二つを結んでみた。
ウクレレ教室のお茶時間に、
季節の上生菓子をお出ししている。
毎月、地元の和菓子屋さんに作っていただいている。
何にしようかな、と思案してくださる職人さんと、
今月は何かな、と楽しみに待つ私たち。
作る人と食べる人あっての和菓子。
当たり前だけど、
これこそ幸せな取り合わせだ。

e0165236_081963.jpg

e0165236_082744.jpg

水ボタンとアヤメ。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
★3刷決定しました! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

★電話での購入は、いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
★いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-06-29 00:15 | お茶と料理、ときどきカフェ
<< 雨の中、メルと宮沢賢治と 軽井沢に集う >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル