下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
雨の中、メルと宮沢賢治と
「冷やしデザート」セット。杏仁豆腐とみつ豆、あんこと沖縄の黒蜜付き。小さいスプーンで食べにくさと格闘しながら食べるのも、おままごと的で楽しいかな。宮沢賢治の読書会でお出ししました。
e0165236_23172024.jpg


あっという間の梅雨明け。
丸一日、庭の水やりを怠ったただけで、
今朝、鉢植えがたいへんなことになっていた。
葉はからから。丸まってひからびて息も絶え絶え。
わわわ。ごめんね、と謝りつつ、
ひからびた葉をむしるも、
あまりの強い日差しに庭仕事を断念して手を止めた。

夕方から雨という予報など軽くみて、
礼拝後、のんびりしてからメルの散歩に出たら、
どんぴしゃり、やられた。
あっと思って空を見上げたら、
大粒の雨がどかどか落ちてきた。
みるみるうちに大雨。
ご機嫌なメルは、雨など気にしない風だったけれど、
人間たちは河川敷の高架下に逃げ込んだ。

空は明るいのに雨は止まない。
見上げるとうっすらと虹が二重にかかっている。
このところ、ずっと宮沢賢治を研究していたせいか、
河川敷の風景を賢治の目で見ると、
どんな具合の描写になるものかなどと想像して雨の中を過ごす。
メルはそういう思索には無関心で、
さしてくんくんするような関心事も少ないらしく、
早くここから出ていきたいような顔をする。

メルは空を見上げない。
犬の関心は、いつも地面だ。
地面にはどんなメッセージが書いてあるのだろう。
などと、まだ賢治かぶれ。

でも、賢治を調べれば調べるほど、
あんまり気が合いそうにないことを痛感する。
嫌いではないし、
繰り返し読みたいような作品も多いし、
「雪渡り」の擬音語擬態語など、それはもう好み。
でも、腑に落ちない感じがいつもどこかにあって。
その正体が、今回の読書会でだんだん見えてきた。
この件に関しては、またそのうちに。

明日も晴れるかな。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
★3刷決定しました! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

★電話での購入は、いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
★いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-07-07 23:39 | ボーダーコリーのメル
<< 銀河鉄道の夜のような夜 ウクレレと和菓子 >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル