下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
宣教師の持ち寄り料理
彩りのよいコブサラダ。見た目も味もよく、パーティ料理にびったりでした。
e0165236_2327438.jpg

カナダのデザート、ナナイモバー。変わった名前ですが、地名なのだとか。砕いたクッキー生地の上に、カスタードとチョコがたっぷり。それはもう目が丸くなるほど甘いのですが、コーヒーとの相性は抜群で、2杯飲んで完食。
e0165236_23274851.jpg


あっという間に8月だ。
学校の仕事が休みの間に、
さあブログだと、意気込んだのも2日間くらい。
さぼりぐせがついてしまっているらしい。

ネットライフはぐうたらなままだが、
現実ライフの方は、手と足をどんどん動かして、
やるべきこと、やらなければいけないことを端から片付けている。

片付けとは別に、
この夏は、ふだん会えない人たちとゆっくり過ごそうとも思っている。
どうにか、ひとりふたりと実現しつつある。

今日はお客さんが二組あったので、
キッチンを出たり入ったり。
頭の中で逆算をして段取りをつけ、
お客さんと会話を楽しみながらテーブルを整えていく。

夜のお客さんは宣教師の先生たちが3人だった。
カナダとアメリカという近いけれど違う国のお二人が、
ローカルフードを持ち寄って下さり、
しばし料理の話で盛り上がる。
私が用意したのは、
野菜たっぷりのミネストローネ、サーモンのキッシュ、韓国風スペアリブ。
ミネストローネは、
ささやかな印税でついに買ったシャトルシェフを使ってみた。
わずか5分煮るだけで、後は時間が調理してくれる。
保温している間に、野菜のうまみがしっかり出る。
おいしいと言われ、
シャトルシェフの種明かしも話題のひとつだ。

おなかも気持ちも満腹になって、
ではまた、とみなさんを送り出す。
よい一日だったとおしまいになるはずが、
あっと思い出す。
お土産のスイカを切り忘れたこと。
そして、冷蔵庫を開けて、もうひとつ思い出した。
ミネストローネに白いんげん豆を入れ忘れたことを。
昨夜、これまたシャトルシェフで煮て、
その優秀ぶりをさんざん夫に自慢したのに。
あーあ。明日は白いんげん豆のスープかサラダかな。

段取りがよくても、
忘れん坊ではいけませんね。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社


News
★3刷できました! 
プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

★電話での購入は、いのちのことば社直営のウイングサービス042(354)1222/9:00〜17:00(土日休)。メール便で発送可。
★いのちのことば社のオンラインも対応が迅速です。2000円以上送料無料。一冊の場合、メール便で180円です。会員登録なしでも購入いただけます。
[PR]
by Annes_Tea | 2013-08-02 00:14 | お茶と料理、ときどきカフェ
<< この夏、セミの羽化に異変あり 大人のための子どもの本の読書会ブログ >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル