下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
アンの幸福、わたしの幸福

山田家の人形焼き。アメリカ人のアンさんへのお土産にしました。
あんこも入ってなくて、何がおいしい? と思われたかしらん。
香港人の知り合いが、おでんだけはわからないと言っていたのは、
全部同じ味だから。通じるような、人形焼きにも。
でも、愛嬌はあります。

e0165236_22140521.jpg

『アンの幸福』のあとがきを読んでいたら、
 今から56年前の村岡花子さんの文章にこうあった。 

モンゴメリが初めて「アン」(Eが終わりにつく綴りのANNE)を世に贈ったとき、 
彼女は不滅の喜びに火を点じたのであり、
このともしびは人工衛星、テレビジョン、航空機の時代にも、
その独特の魅力をもって人々の心に迫っていくことでありましょう。 

なるほど。

昨日、私のアン本のために若い女性二人が取材に来てくださった。
読者対象は? アンの魅力は?
と、さんざん考えてきたはずなのに、 話ことばにすると、心もとない。
だから、書くのだ。きっと。 
明日、宅配で届くそう。 
風邪にしっぽをつかまれて 昨日からおとなしくしている私には、
うれしい知らせ。 
原稿のやりとりは、初校以外はPDFだから画面読みだったけれど、 
なにはなくとも紙、
そして、
本というカタチが好きなのです。

 

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 / いのちのことば社

News 好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。

[PR]
by Annes_Tea | 2014-04-08 20:51 | 赤毛のアン
<< 今年も、今年こそ、の寺島なす ピンクに染まったエーリッヒ・フ... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
人気ジャンル