下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。








参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから





055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

booksheepbook☆
gmail.com




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog






文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
『赤毛のアン』をめぐるお菓子たち

e0165236_00131243.jpg
お待たせしてきた私のアン本、ようやく再版できました! 版元で行われる『赤毛のアン』の読書会も、だんだんと近づいてきました。10名ほど残席ありますので、ぜひこの機会にご参加ください。アンに詳しくなくても大丈夫ですのでご安心を。さて、本日は、「アンまつり」の様子を少しだけお裾分けします。当日のわたしは優雅なお茶会とはほど遠く、とにかくどたばた。写真もささっと撮ったので、スバラシイできではありませんが、雰囲気は伝わるかな? この日は、アンの腹心の友と編集さんから、素敵なお花のサプライズ。ともにピンクのバラ。表紙のイラストをイメージしてくださったのかな。かわいい、うれしい。
e0165236_00125459.jpg
お菓子持ち寄りをお願いをしたところ、どっさり。アンの物語にちなんだお菓子も多くて、それだけで気分があがってしまいます。
e0165236_00120508.jpg
『アンの青春』にちなんだ「ピンクのアイシングをかけたクルミのケーキ」。隣人ハリソンさんの怒りをかった牛のドリーのエピソードを知ってますか? ちゃんと牛ちゃんまでついている凝りよう。こういう女子ノリ、大好きです。
e0165236_00110745.jpg
持ち寄ったお菓子の紹介を書いていただきました。手を出す前に、みなさんコメントを読んで、ふむふむ、にやり。

e0165236_00123574.jpg
アンのマーマレードスポンジケーキ。アン・シリーズのどの巻にちなんでいるのか、聞き忘れてしまいました。スポンジケーキは、『アンの青春』『アンの幸福』にも出てきますよね。
e0165236_00121033.jpg
あ、これはアラン牧師夫妻をお茶に招いたときに作ったチェリー・パイにちなんでいるのかしら? ギルバートの好物もチェリー・パイでしたっけ。さすがアンの腹心の友さん作。
e0165236_00121729.jpg
参加動機を書いてくださった方も。初めましての方々も多く、出会いに恵まれました。アンまつりのためにお菓子を考えて選んできてくださったかと思うと、ほくほく。
e0165236_00122038.jpg
e0165236_00122917.jpg
それぞれの心の中にあるアンのイメージ。やっぱりアンと言えば、「カワイイ」かな?
e0165236_00122692.jpg
プリンス・エドワード島のイメージで、森と木。なるほど、バームクーヘン!
e0165236_00132186.jpg
おおぐりとしょかんさんによる、アンの本棚。私の蔵書を使って、アンの世界をカタチしてくださいました。
e0165236_00132571.jpg
本職は図書館司書さんですから、さすがのディスプレイ。かごに入った新潮社のアン・シリーズを使って、ブックトークを楽しみました。トークに挑戦してくださったのは、全員がアンの腹心の友。『アンの青春』『アンの愛情』『アンの幸福』『アンの夢の家』『虹の谷のアン』の5冊。みなさんアンへの愛情にあふれた語り口で、聞き応えたっぷり。プログラムの中でも、みなさんの心に強く残ったようでした。私が選んだのは『アンの幸福』です。原書とはまったく違うタイトルを付けた村岡花子さんのセンスはさすが。直訳すると「柳風荘のアン」となります。「幸福」の方が断然いい。しかも、ほとんど幸福ではなかったモンゴメリの晩年に近いころ、約15年ぶりに書いたアン・シリーズという背景も、大人読みとしては感じるところがありまして。
e0165236_00132947.jpg
e0165236_00133658.jpg
e0165236_00134591.jpg
e0165236_00134266.jpg
アンかるたは、自由に書いてください、というコーナーを作っただけでしたので、みなさんおしゃべりに忙しくて、あまり集まりませんでした。欲張り過ぎたかな。私のアン本から、朗読も2回、させていただきました。相棒は宣教師夫人のアメリカ人のアンさん。「主の祈り」と、「春の朝」というロバート・ブラウニングの詩を、英語で朗読していただきました。とにかく盛りだくさん、食べて、しゃべって、語って、笑って、出会って、の一日となりました。

e0165236_21501621.jpg
もう一度、アップしゃちいます。やっばりいちばんウケました。あんまり人気のため、版元に運ばれて行きました。さて、どのように利用されるのでしょうか!?

アンが愛した聖書のことば

宮葉子 /いのちのことば社

null

News! 新刊出ました! いまなおアンが愛される理由を、読み解いたエッセイです。かつて女の子だったすべての大人女子に、あのころのときめきをお裾分け。版元のオンラインが早くて確実です。ご利用ください!

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 /いのちのことば社

null

こちらも好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。




[PR]
by Annes_Tea | 2014-07-13 21:41 | 赤毛のアン
<< 『赤毛のアン』セラピー 「赤毛のアンの読書会とアフタヌ... >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル