下町すみだ      築70年の牧師館暮らし。犬と庭と日々の糧。              
by Annes_Tea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
宮 葉子 yoko miya
文筆家+牧師の奥さん

『赤毛のアン』の講演や読書会ワークショップ、執筆依頼などは、下記のメールにてご連絡ください。







参加者常時募集中!

▷「大人のための子どもの本の読書会」墨田区のふたつの拠点を中心に、子どもの本のロングセラーを読むゆるやかなサードプレイス。幅広い年代が参加されています。


▷ つながる・祈る・分かち合う「pray&hopeプロジェクト」を主宰。月に一度、女性たちの集まりをもっています。
○詳細はここから




055.gif
メールは以下のアドレスに★を@に変えてお送りください。

goodnews_cafe☆
yahoo.co.jp




牧師館の住人たち
(profile)


   わたし

 ゴエモン先生

   メル


墨田聖書教会Blog





文章・画像・イラストの無断転載は禁止です。引用の際には必ずご連絡ください。
外部リンク
検索
アンの朗読、ピアノとコラボに挑戦します


e0165236_21463504.jpg
すっかりアンイベントのお知らせブログになっているような?
気ぜわしいこともあるのだけれど、
じつは上から下まで、牧師館の片付けをしているせいで、
とんとブログに手が伸びない。
あれを捨てて、この家具を移動してと、
頭の中は、すっかり模様替えに取りつかれている。
捨てても捨てても物がわいて出てくるのはなぜ?
いつも途中でくじけて模様替えを断念してしまうので、
今度こそはやり通したいと思っている。
自分の物ならば捨てれば済むが、
そこが家族の難しさ。勝手に捨てれば角が立つ、
押せば意固地になるだろうし、
ここは賢く賢く。

さて、
朝ドラの『花子とアン』はいよいよ新しいステージの幕開け。
花子さんがお子さんを亡くし、
ラジオのおばさんとなり、
婦人参政権運動などにも貢献し、
これから戦争があり、
宣教師の帰国命令によってカナダ人宣教師からアンが手渡され、
戦後になってもまだアンは日の目を見ず・・・。

こう書いてみると、
アンにたどり着くまではまだもう少し長い道のりがありそうだ。
もしかすると、最終回を目前にして、
アンが日本でも日の目をみるくらい引っ張るのかな?

とはいえ、日本人は再びアンを思い出してくれているようで、
ひとりのアン好きとしてはこれがいちばん嬉しい。
私のアン本の再版も好調で、3刷も印刷中だとか。
本の感想をメールでいただいてはふむふむと拝読し、
ときには封書なども届いて感激する日々。

今回のイベントは、これまでとは趣向が違う。
親子のためにピアノコンサート。なんで私?
と迷いつつも、これまたひとつの道の曲がり角かもと受け止めて、
僭越ながら朗読者としてコラボさせていただく。
プロの演奏家の足を引っ張らないようになどと構えてみたが、
NY在住の田中友樹子さんはごくごく気さくで、
こちらもいつもの気持ちで参加できそうでほっ。

それでも、練習はしないといけませんね。
あと腹筋も。

リスト、バッハ、果てはガーシュインまで。
そこに私のアン本からの朗読をからめて。
ちょっと面白い趣向になりそうです。

お子さん連れ大歓迎のコンサートです。
大騒ぎしても大丈夫。遊びにおいでください。

田中友樹子さんのHPはこちら
NYの音源を試聴できます。

上野教会HPコンサートのお知らせはこちら
せっかくなので、裏面付きのこちらもアップ。クリックすると全体が見られます。
片隅にアンがひっそり座っているのがカワイイ!
e0165236_21540692.jpg

アンが愛した聖書のことば

宮葉子 /いのちのことば社

null

News 3刷できました! いまなおアンが愛される理由を、読み解いたエッセイです。かつて女の子だったすべての大人女子に、あのころのときめきをお裾分け。

こころのごはん~日々をささえる聖書のことば30~

宮葉子 /いのちのことば社

null

こちらも好評発売中! プレゼントに人気です。30の聖書のことばの本質を、やさしいことばでエッセイにしました。ムーミンやクマのプーさん、赤毛のアンなど、こどもの本の話がたくさん出てきます。




[PR]
by Annes_Tea | 2014-08-19 21:59 | 赤毛のアン
<< 墨田区立ひきふね図書館『赤毛の... 『赤毛のアン』セラピー >>


ライフログ
カテゴリ
画像一覧
記事ランキング
タグ
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル